マイルで家族旅行☆福岡発の陸マイラー☆

マイルとポイントで格安な子連れ家族旅行するためにマイル貯金に励む主婦の奮闘記

じじばば&孫だけのハワイ旅行を成功させる下準備~航空券・ホテル・ESTA・海外旅行保険・空港送迎・現地ツアーなど~

祖父母と孫のハワイ旅行イメージ画像

いつもは3世代旅行をしていますが、今回は春休みにじじばばと孫だけで旅行に行くことになりました。*ただいま旅行中!

ここ数年海外旅行している両親は少し自信が付いたのか、2回目のハワイなら何とかなるだろうとハワイ初体験の孫をどや顔で連れていくようです。

でも、航空券からホテルはもちろん、もろもろの下準備を完璧にする役割は私(^-^;

どんな準備が必要だったかを記録しておきます。 

 

航空券の手配

まずは特典航空券の手配。ANAはもちろん全滅。

それに対しJALは、必要マイル数がプラスされているものの特典航空券が取れる状況にありました。2月下旬に4月上旬の春休みの特典が取れるなんて驚きです。

 

ホテルの手配(マリオットポイントで宿泊)

ハワイはホテルが高い!
こんな時にこそ、マリオットのポイントで無料宿泊をするとメチャクチャお得(^-^)

じじばばと孫だけの旅行なので【シェラトンワイキキのマリアスイート】にしました。

  • ポイント宿泊OK
  • 立地が良い
  • 日本語対応デスクあり(6:00AMー10:00PM)
  • ホテル内に日本語スタッフがいる医療クリニックがあり安心
  • ラウンジ利用で朝食&飲み物費用抑えられる 
シェラトンワイキキ情報
  • 2019年3月現在カテゴリー7
  • 無料宿泊に必要なポイントは60,000ポイント(標準)
  • 添い寝は17歳以下OK
  • リゾートフィー37.7ドル/日(詳細コチラ
  • 追加ベット80ドル/日
  • クラブラウンジあり(詳細コチラ
  • ポイント追加でアップグレード可能
    (マリオットWebサイトで見れる部屋のみ)
    *75000ポイント/日上乗せでマリアスイート(定員5名)

 

ステキな写真が送られてきました 

シェラトンワイキキマリアスイートからの景色
ハワイのアサイーボウル
これぞハワイ!

宿泊費が高いホテルでポイント宿泊すると最大のメリットを得られるマリオットボンヴォイ。それを貯められるクレジットカードは『SPGアメックス』。旅行好きには魅力的なカードで、特にハワイへ行くなら検討する価値はあります。

 

我が家のような子連れ(添い寝)家族は下の記事を参考にご覧ください。

 

ESTA(エスタ)申請

アメリカに入国するなら忘れてはいけないESTA(エスタ)の申請。

ビザ免除プログラム(VWP)参加国から船舶または航空機でアメリカ合衆国へ入国・通過する者に対し、米国出入国カード(I-94W:紙製でVWP参加国の渡航者が米国入国時に記入している)をアメリカ合衆国への渡航(アメリカ合衆国を経由して他国へ渡航する場合も含む)前に、インターネットのウェブサイトで電子申請することを義務付けるものである。
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

 

一見難しそうですが、陸マイラー活動しているあなたならできるレベルです。
ただむちゃくちゃ面倒くさい(@_@)*記入方法はググればすぐ出てきます。

公式サイト☞Home | Official ESTA Application Website, U.S. Customs and Border Protection

 

念のため委任状の準備

Yahoo!知恵袋で「親子じゃないのでハワイで入国に難義した」というのを発見('Д')
それに対して「念のために委任状を書いていたらいい」とのアドバイスがあり、丁寧にフォーマットまで記載されていたので、それにならってジジババと孫の関係性を証明するような委任状をつくりました。

じぃじは「4人のパスポートを見れば、何年も前から一緒にいろんな国に出入りしているから、関係はわかるだろう」といいますが、準備は念入りにして損はないでしょう。

参考☞祖父母が孫を連れて(両親は日本でお留守番)ハワイに入国する時に... - Yahoo!知恵袋

入国の時だけではなく、もし事件や事故で医療を受ける際にも役立つと思います。

 

海外旅行保険

少し前に、ハワイで日本人旅行者が襲われ重傷を負った事件がありました。海外旅行保険に入っていなかったために、大変な思いをしたそうです。

陸マイラーなら自分の持っているたくさんのクレジットカードの保険を組み合わせて何とかいけるかも知れませんね。

今回のように、カードをあまり持っていないじじばばと孫の旅行では海外旅行保険は必須です。

価格.comの海外旅行保険で紹介されていたいくつかの保険を見ると、69歳までしか申し込みできないものが主流。これには驚きました

我が家がよく利用する「損保ジャパン日本興亜の新・海外旅行保険【OFF】」は、祖父母と孫が同居していないとファミリープランで申し込みができません。

そんな中見つけた『t@biho』は、特に同居の指定もなく70歳以上でも加入可能でした。 残念ながら、ポイントサイト経由で申し込みがなかったので、価格.com経由で申し込みました。
公式サイト☞海外旅行保険・留学保険《t@bihoたびほ》

 

空港送迎

ハワイの空港からホノルル中心までの主な移動手段は、以下の通り。

  • タクシー
  • エアポートシャトル
  • チャーリーズタクシー
  • UBER
  • レンタカー

タクシーは現金やチップが必要、チャーリーズタクシーは安いが現地で電話しないといけない、このようなじじばばの精神的ストレスをできるだけ少なくするために、日本から申し込み可能なエアポートシャトルを選択。

 

SPGホテル専用のエアポートシャトルは経由するホテルが限られているので、時間の短縮になるのが魅力ですが、値段がベルトラと同じだったこと、ポイントサイト経由で予約ができない事を理由に却下。
参考☞SPG Resorts エアポートシャトル - Roberts Hawaii Airport Shuttle

 

エアポートシャトルは、ポイントサイトの>>モッピー経由<<して>>VELTRA(ベルトラ)<< の1番安いシャトルを往復で申し込みました。

ベルトラのハワイ空港送迎予約画面

ベルトラのハワイ空港送迎予約画面

 

オプショナルツアーの申し込み~貸切チャーター&ウルフギャングディナー~

4日間も自由行動だと、じじばばも何をしていいかわからなくなりそうです。

これも事前に>>モッピー経由<<の>>VELTRA(ベルトラ)<< オプショナルツアーを申し込むことに。

セグウェイでホノルル観光ツアーや、ダイヤモンドヘッド登頂、クアロアランチの乗馬体験などは子供がとても喜びそうですが、65歳オーバーの両親がやるのはとても危険!しかもうちの子、魚が怖いとシュノーケリングが苦手です…ハワイなのに。

 

ということで、ベタですがガイド付き貸切チャーターを予約。こういうのはガイド次第で楽しくも残念にもなるので、評判よさそうな人をリクエストしました。

ベルトラで貸切チャーターを予約した

 

ホノルル最終日の夜は、ウルフギャングで最後の晩餐。量が多いから料理は大人2名子供1名分にし、子供1名は席のみでシェアするということもできます。

ホノルルのウルフギャングステーキのディナー予約

 

いろんな国のオプショナルツアーがたくさんのベルトラ。 

VELTRA

 

 

まとめ

手配したもの全てをプリントアウトし、旅行で必要になる順番にまとめ、ファイルに入れて渡しました。さらに「行程さん」という旅程共有サービスを使い、スケジュールを時系列で共有できるようにしました。

私が旅行する時も、チケット類などスマホだけに入れておくのではなく、プリントアウトして持っていくようにしています。

ジジババの気力と体力があるうちに、孫との楽しい思い出をたくさん作ってきてほしいと思います。

マイルを貯めて親孝行ができたかな?

 

☟陸マイラーnanamiのマイルの貯め方のまとめ記事☟

 

★おススメ記事★
【旅費は格安!家族旅行の方法】おすすめクレジットカード厳選2枚+α
【陸マイラーになろう】効率よく大量マイルを貯める方法
【得技】アメックスゴールド、各種アメックスカードをお得に作る方法

 

★おススメ関連記事★