マイルで家族旅行☆福岡発の陸マイラー☆

お得に家族旅行するためにマイル貯金に励む主婦の奮闘記

バリ島のウォーターボムはプール好きな子供連れ家族におススメ!お得なチケット購入方法もご紹介~2018年夏バリ島子連れ家族旅行記~

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

応援クリックありがとうございます

f:id:t-nanami:20180819103612j:plain

お盆休みに家族でバリ島旅行してきたnanamiです。
バリ島のクタにあるウォーターパーク【ウォーターボム バリ】は、たくさんある絶叫スライダーにもさほど待つことなくジャンジャン乗れるので、日本のプールよりも断然快適に遊び倒せます!
事前にチケット購入をした際、複数の購入ルートがあったので、それも合わせてご紹介します。

スポンサーリンク

 

ウォーターボム・バリの営業時間と場所・アクセス方法

  • 営業時間:9時~18時(レストラン等は17時で閉店)
  • 場所:バリ島クタ地区
    空港からもほど近いバリNo1繁華街のクタの南側、ディスカバリーモールのそばにあります。

  • アクセス方法:
    ①タクシー(乗るなら絶対ブルーバードタクシー)
    ②クラクラバス
    ③徒歩

我が家は朝からウォーターボムに繰り出す予定だったので、ウォーターボムに近い安いホテル(アディジャヤホテル)に宿泊しました。ホテルから徒歩5分弱で到着できたのでこの選択は正解だったと思います。

 

ウォーターボム バリはこんなところ!

私たちが訪れたのは、日本のお盆休み中の土曜日。
日本人がウジャウジャいるだろうと、チケットを事前購入し気合を入れて開園9時に到着するようにホテルを出発! 

敷地内に入るのにもセキュリティーチェックがあります。

f:id:t-nanami:20180819103910j:plain

 

福岡のサンシャインプールのような混雑を想像しながら行くと・・・あれっ?

f:id:t-nanami:20180819103756j:plain

 

事前チケット購入しなくても大丈夫なくらいの空き具合に拍子抜け。

f:id:t-nanami:20180819103816j:plain

 

しかも、事前購入していたチケットがバリ人価格のもので、窓口で差額を支払うことになるというミスをしてしまいました。事前にチケット買っているからって、窓口スルーして入れるわけではありません。予約していたガゼボの番号もココで告げられます。

園内での飲食や有料アトラクションの支払いは現金ではできず、腕につけたバンド(スプラッシュバンド)にチャージしておかないといけないので、結局それの支払いも窓口で行います。窓口で推奨されるチャージ金額は500,000ルピア(約3900円)ですが、大人2人子供2人の我が家は飲食と有料アトラクションで約1,000,000ルピア(7700円)程度を園内で利用しましたので、参考にどうぞ。

*Voyaginのチケットは優先入場窓口が利用できます。

13% OFF ウォーターボム・バリ Eチケット(Waterbom Bali) アジアNo.1ウォーターパーク! - Voyagin(ボヤジン)

 

園内に入る前に、荷物チェックがあります。飲食物は持ち込み禁止です。

f:id:t-nanami:20180819103951j:plain 

スポンサーリンク

ロッカールーム・タオルレンタル・ガゼボキー受け取り

園内に入るとまず、ガゼボキーを受け取るためにロッカールームへ。

f:id:t-nanami:20180819104323j:plain

 

ここで着替えるのではなく、更衣室があります。 

f:id:t-nanami:20180819104341j:plain

 

ロッカー内左手にある受付でガゼボキーを受け取り、 タオルのレンタルもしました。

f:id:t-nanami:20180819104350j:plain

 

レギュラーロッカーで193円、ロッカーの保証金が232円、タオルレンタルが78円、タオル保証金が478円くらい。私たちが事前予約していたプレミアムガゼボは2313円くらいで、ネット予約の値段と同じ。受付でチャージしたバンドで支払います。保証金(デポジット)は後で返金されます。

ウォーターボムバリタオル・ガゼボ等料金表
タオル・ガゼボ等料金表

 

こういうところは足の裏がヤケドするくらい熱くなるものですが、ここは全然熱くなりませんでした。気温が24℃くらいだったせいか、暑くならない材質なのかは不明ですが、サンダルは履かないでも大丈夫でした。サンダル履いていると、脱いだ場所に戻ってこないといけなくなるから面倒ですしね。

f:id:t-nanami:20180819144609j:plain

 

更衣室・トイレ・シャワールームはとてもきれい!

本当は撮影禁止ゾーンですが、誰もいなかったのでちょっと失礼しました。

更衣室は広々!個室はシャワールーム。

f:id:t-nanami:20180819105426j:plain

 

トイレもシャワールームも掃除が行き届いて本当にきれい。開園直後だからではなく、ずっと掃除の人がいてきれいなまま保たれていました。

ウォーターボムバリのトイレ
ウォーターボムバリのシャワー

 

ベビー専用の別室があります。

f:id:t-nanami:20180819105437j:plain

スポンサーリンク

ガゼボはセーフティーボックス付きで超便利

私たちが予約していたのは、レイジーリバーゾーンのプレミアムカゼボ。ココはガゼボ予約している人のゾーンだったので、のんびりした雰囲気が漂っています。

f:id:t-nanami:20180819105834j:plain

 

6人までのガゼボですが、4人でいっぱいです。木の扉で目隠しされた金庫があるので、ロッカーは借りなくて大丈夫。カーテンはないので、ここで着替えることはできないのが少し残念ポイント。*シンガポールのアドベンチャーコーヴのカゼボ争奪戦は過酷でしたが、ガゼボ内で着替えられた(^-^;

f:id:t-nanami:20180819105901j:plain

 

フードコートで食事を注文してガゼボ番号を伝えると、デリバリーしてくれます。プールの中の食事なのに、盛り付けもきれいでお味もなかなか良かったです。

ガゼボ内で食事
ガゼボ内で食事
ウォーターボムバリのガゼボで食事
ウォーターボムバリのガゼボで食事

 

ガゼボをレンタルすると本当に快適に過ごせます。事前予約も当日レンタルしても値段は同じですが、到着が遅れた場合にはなくなっている場合もあるでしょうから、安心のために事前レンタルがおススメです。
*私たちが行った日は終日空いていたガゼボもありましたし、椅子も空いていました。

 

スポンサーリンク

プールゾーンの様子:ウォータースライダーにどんどん乗れる!

左が開園直後の様子で全然並んでいませんね。長い階段を上っていく間に何組か滑り降ります。
右は昼食後の様子。順番待ちの列ができていますが、日本のように詰めて並んでいないので、10分弱で順番が来ました。

ウォーターボムバリのスライダーの込み具合
ウォーターボムバリのスライダーの込み具合

 

カメラを持って乗っても大丈夫なようです、何も言われませんでした。スライダーの前には、レベルを示す案内板があります。身長や体重制限のあるものもあります。体格の良い小学生高学年以上なら、どれにでも乗れそうでした。

 

ウォーターボムバリのスライダー
ウォーターボムバリのスライダー

 

いやいや、この急こう配・・・やばいでしょ(汗)見ているほうがヒヤヒヤします。

f:id:t-nanami:20180819112813j:plain

 

もちろんメチャクチャ笑顔です!

f:id:t-nanami:20180819112817j:plain

 

レイジーリバー(怠け者の川)、流れはとてもゆっくりで癒されます。

流れるプールの写真
流れるプールの写真

 

f:id:t-nanami:20180819113220j:plain

プール写真
プール写真


小さい子供たちのゾーンもあります。小学生の我が子は見向きもせず・・・

f:id:t-nanami:20180819114017j:plain

 

クレイジーなものばかりに挑戦。

スライダープール

スポンサーリンク


有料アトラクション(フローライダー、ウォーターブラスター、ユーロバンジー)

f:id:t-nanami:20180819130320j:plain

フローライダー

毎日午前10時から午後5時まで。
30分Rp125,000 、1時間 Rp200,000
身長制限:ボディボード130cm以上、FlowRider140cm以上

 

全くの初心者でも、丁寧に教えてくれます。日本語英語交じりの現地の人と意思疎通を図るのはいい経験になりますね。

f:id:t-nanami:20180819130308j:plain

 

子供はあっという間に上手になります。

フローライダーの写真
フローライダーの写真


ウォーターブラスター

12バルーンでRp40,000

水風船で打ち合いをします。全部使いきったら追加バルーンをおまけでくれました。

f:id:t-nanami:20180819130646j:plain

 

ユーロバンジー

Rp65.000(2歳~12歳未満)、Rp75.000 /成人
体重制限70㎏

フードコート・食事

いつ見ても混雑しているということはありませんでした。

ウォーターボムバリのフードコート
ウォーターボムバリのフードコート

 

食事できるところは3か所くらいあります。また、ジェラードのワゴンやチュロスのワゴンなどもあり、食べるものには困りません。ただ、スプラッシュバンドで支払うので、値段を見ずにバンバン購入してしまいます(汗)。

 

プールバー も優雅ですね!

プールバー

その他の園内の様子

園内のいたるところにマップがあるので、お目当ての場所に行くにも迷いません。半日もすれば道を覚えます。

ウォーターボムバリの地図

 

スプラッシュバンドをかざすとチャージ残金がわかるBOXがところどころにあります。

f:id:t-nanami:20180819111019j:plain

 

 

プールサイドや園内にフリーチェアーはたくさん置いてあります。取り合いにもなっていないようでした。

f:id:t-nanami:20180819131224j:plain

 

バリニーズマッサージ60分1500円程度、90分2000円程度と激安!やりたかったのですが、子供たちが許してくれず(涙)。髪を小さな三つ編みにしてくれるのもやっています。

f:id:t-nanami:20180819131305j:plain
f:id:t-nanami:20180819131310j:plain

 

出入り口近くに、園内で撮影された写真の販売コーナーがあります。撮られるのは無料、購入したら料金が発生する仕組みです。遠慮なくバシャバシャ撮られるので、たくさん見ないといけなくなるし、何枚かは欲しくなるかも。混んでいたというのもあって、私たちは見ないで帰りました。

f:id:t-nanami:20180819113623j:plain

スポンサーリンク

 

チケット購入方法はどこがおススメ?Voyagin・公式HP・VELTRAなど

チケットは事前購入した方が安く手に入りますし、何となく安心ですね。

シンプルに入場チケットの予約のみする方、ガゼボ予約が必要ない方やガゼボは当日行ってみてあれば借りようという方は、Voyaginを通してチケット購入するのが最安値です。

我が家はガゼボを借りたかったので、公式サイトから入場チケットとガゼボ予約を行いました。*公式サイトからガゼボのみの予約はできませんでした。

Voyagin

入場チケットのみを購入する場合はここが一番安いです。
<家族用>1日パス セット (大人2名+子供2名限定)が13%OFFの11,856円

13% OFF ウォーターボム・バリ Eチケット(Waterbom Bali) アジアNo.1ウォーターパーク! - Voyagin(ボヤジン)

 

2018年7月20日~9月2日までの割引クーポンが出ているのでさらにお得。
2018 夏旅セール - Voyagin(ボヤジン)

*各クーポンはお一人様一回限り、2018年9月2日までに予約された体験が対象です。
*カート内のお支払い金額の合計が、各クーポン適用の最低金額(7,000円/12,000円/25,000円)以上の場合のみご利用いただけます。 

公式HP

公式サイトのプランは4つ。
トータルパッケージは優先入場&タオル&ランチ&写真&マッサージを含む有料アトラクションが1つ無料のセット。バリューパッケージは入場とランチ(ピザと飲み物のセット)のセット。私たちは食事も自由に選びたかったし、有料アトラクションをするかどうかもわからなかったので、無難に1DAYのファミリーパッケージにしました。

 

ガゼボもいろいろありますが、レギュラーとプレミアムの違いがイマイチわかりません。人数も6人で同じなので、おそらく場所の問題ではないかと。ただ、プレミアムでも6人はきつく、4人でちょうどです。4人以上のグループは、ガゼボファミリー(8人)以上のものを選んだ方がいいでしょう。一日レンタルでこの値段は安いです。

f:id:t-nanami:20180819135210p:plain

 

公式サイト☞https://www.waterbom-bali.com/ticket

 

以下の2つは、入場チケットに昼食や送迎などが付いているので、値段が高くなっています。

JTBの現地オプショナルツアー

バリ島(デンパサール)のオプショナルツアー|日程・内容|JTB

 

VELTRA(ベルトラ)

ウォーターボム・バリ (観光情報) (観光情報) | バリ島観光 VELTRA(ベルトラ)

*VELTRAを利用するなら、ポイントサイトのモッピーを経由して申し込みをしましょう。3%戻ってくるのでお得です。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

 

まとめ 

日本のウォーターパークはどこに行っても人が多く、スライダーの待ち時間や暑さ、場所取り合戦で親はぐったりしてしまいますよね?これに対して今回の【ウォーターボム バリ】は混雑することもなく、施設は本当に清潔で快適に過ごせます。

2018年8月お盆のバリ島は気温24℃程度で、日本に比べてとても過ごしやすかったです。ウォーターボムにいる間は水着を着ているというのもあって汗一滴かきませんでしたし、洋服に着替えた後も快適でした。

来年の夏、どこに行こうかと考えている子連れ家族さん、バリのウォーターボムは超お勧めです! 

 

私は以下の方法でマイルを貯めて、ほぼ無料でバリ島旅行に行きました。 

 

手っ取り早くプチ贅沢旅行を手に入れるなら、クレジットカードの入会キャンペーンを制覇しましょう!

 

スポンサーリンク