ホテル紹介

由布院温泉【おやど二本の葦束】宿泊記!露天風呂付離れのお部屋「我不歳月」

二本の葦束アイキャッチ画像

Withコロナ時代のいま、3密を避ける『新しい生活スタイル』が提唱され、ソーシャルディスタンスやビュッフェスタイルの食事を避けるなど、今までの旅行スタイルとは違う様式が注目されるようになりました。

人の密集を避けつつ旅行したい人という人は、車で行ける温泉旅館しかも離れの部屋や個室での食事、貸切温泉があるところがお勧めです。

九州在住の我が家は車で行ける温泉地、由布院の【おやど二本の葦束】さんに宿泊してきました。

nanami
nanami
1つ1つにテーマがある13のお部屋はすべて離れで、露天風呂付のお部屋も!大自然の中のお風呂も貸切制で、食事は個別だから他の人とは接点はありませんでした。

由布院温泉【おやど二本の葦束】行き方

金鱗湖など湯布院の観光地からは少し離れた隠れ里にあり、湯布院ICから車で約2分、由布院駅から車で約7分のところにあります。
大分空港から車でも1時間強かかるので、九州以外の人なら福岡空港から「ゆふいんの森号」で来た方が素敵な旅になるでしょう。

湯布院or由布院、両方の記載のされ方がありますが、同じ所です。

パパ
パパ
湯布院インターから本当にすぐだったね。アクセス良すぎ!
二本の葦束入り口

「まほろばの世界」へ足を踏み入れる。広大な敷地に大自然を感じながら母屋でチェックイン!

二本の葦束さんのテーマになっている【まほろば】とは、「素晴らしい場所」「住みやすい場所」という意味の日本の古語だそうです。
4500坪の敷地内には川が流れ、囲むように木々が生い茂っています。

木々の緑が美しい庭園の先に、母屋があります。

二本の葦束母屋までの景色

母屋の中は天井が高く、和モダンなテイストでまとめられています。

二本の葦束フロント

正式には15時からのチェックインですが、少し早めに到着しても大丈夫でした。

二本の葦束フロント

ウエルカムデザートは抹茶のムースと生チョコ。二本の葦束さんは敷地が広大で、お部屋や温泉は点在しているので、マップで説明を受けます。

ウェルカムスイーツ

スタッフさんの案内でお部屋へ移動。雨がぱらついていましたが、自然の中でとっても気持ちが良いです。

二本の葦束の敷地内風景

なんと温泉たまご!宿泊者はいつでも自由に食べられます。

温泉卵

お玉ですくって隣の湧き水で冷やして食べます。スティックの岩塩も用意されていました。卵のから入れもあるのでここで食べてもOK。白身がふっくら柔らかく茹で上がっていて、とてもおいしかったです。

温泉卵

お部屋は由布岳眺望の専用露天風呂付の【我不歳月(GAFUSAIGETU)】

お部屋は全部で13室。古民家を移築して作られた各部屋にはテーマがあり、各部屋に名前がついています。
日本の美意識の元にありながらも、アジアやヨーロッパの美をも融合させた優雅な空間を味わえるように作られているそうです。各棟は程よい感覚で設置され、プライベート空間が守られています。

我が家が選んだのは「我不歳月(GAFUSAIGETU)」というお部屋で、約200年前の古民家を移築した、5ルームもある大きな茅葺屋根の離れ。お部屋のテイストが気に入ったのと部屋付き露天風呂があるのが決め手でした。

この門の先にあるのは2部屋のみ。その宿泊者しか通りません。

お部屋までの景色

ちょっとした山道を登っていくので、足が悪い方にはあまり向かないかも。ところどころに灯篭はあるものの、夜は足元が暗くなります。

お部屋までの景色

登った先に見えてきたのは、茅葺屋根の大きなお屋敷!「我不歳月」

我不歳月のお部屋外観

美しいお庭もついています。この部屋は露天風呂があるので上の方にあるのですね。

我不歳月のお部屋外観

 

5つのお部屋の様子

部屋タイプ:和洋室、広さ:約230平米、定員:2~7名、間取り:和室16帖+リビング22帖+ベットルーム18帖+露天風呂・内湯付+2F和室6帖

玄関が広い!親戚一同集まれそうな広さなんです。

我不歳月の玄関
我不歳月の玄関

見てください、この大きなリビングルーム!!

我不歳月のリビング

天井も高くて、大きなソファーと大きなテレビ。古さの中にも新しさを感じる和モダンな室内。

我不歳月のリビング

緑茶のティーパックとドルチェグスト、冷蔵庫の飲み物は無料です。お水が5本、チューハイ3本、ビール2本、サイダー2本くらいがあったように記憶しています。

お部屋の飲み物はすべてフリー

ドルチェグストのカプセルはコーヒーとカフェオレ各4個、ミルクティーと抹茶が各2個ずつ。

お部屋の飲み物はすべてフリー

リビングルームの裏には、何やら別の部屋が。用途がわからず利用していません。

我不歳月のお部屋

ベッドルームには3台のベッド。マットはやわらかめ。

我不歳月のベッドルーム

浴衣とシックな館内着の両方用意されていました。子供用は浴衣のみ。

浴衣

リビングルームの横には和室も。

和室と続きでもう一つの和室、お布団が敷いてありました。廊下の窓から見える景色に癒されます。

我不歳月の和室

玄関の横に屋根裏に続く階段が・・・

我不歳月のロフト和室

隠れ家のようで子供は喜んでいました。でも、一瞬だけ。

我不歳月のロフト和室

お屋敷の隅々まで、ちゃんと気を抜かれていません。

通路ですら絵になるように仕上がっています。

我不歳月の室内
子供
子供
お金持ちの田舎のおばあちゃん家に来たような気分!

部屋専用の露天風呂・内湯

我不歳月の専用露天風呂を部屋の廊下から見たところ。丸見えです(汗)

我不歳月の露天風呂

意外とこじんまり、一人用ですね。景色最高!

我不歳月の露天風呂

内湯はシャンプー類が揃っています。

我不歳月の内風呂
我不歳月の内風呂

脱衣所は広く、洗顔・化粧水やミルクは備え付けがあります。

我不歳月の脱衣所

二本の葦束の風呂アメニティー
↑上段(脱衣所:基礎化粧品)下段(浴室:シャンプー類)

部屋付き露天風呂には、夜ゆっくり入ろうと思っていたのですが、意外な盲点がありました。山の中の明かりには、虫が寄ってきます・・・。

やっぱりみんな、敷地内の貸切大露天風呂や借り切り風呂に入るので、部屋付き露天風呂はそんなに重視しなくてもよかったかもしれません。

宿泊記まとめ&お得に宿泊するコツ

この記事では「由布院温泉 おやど 二本の葦束」の敷地内とお部屋「我不歳月」の様子をお伝えしました。次は、「貸切大露天風呂と豪華なお食事」の様子を記事にします(執筆中)。

久しぶりに温泉旅館に宿泊しましたが、自然の中に溶け込んでいてとても癒されて、楽しむ!というよりはリラックスする宿泊でした。

ザーザー降りの雨でしたが、頭上を覆っているモミジのおかげで雨を直接見ることはなく、木々の緑がさらに美しく映えていました。二本の葦束さんなら、雨の日でも絵になります。

Withコロナでも旅行に行きたい!そんな方には、二本の葦束さんのような【離れの温泉旅館】も選択肢の一つとしてお勧めです。

私は今回、yahoo!トラベルを通して予約をしました。yahoo!プレミアム会員なら5のつく日は9%ポイント付与されたりタイムセールがあったりします。

yahoo!トラベルで二本の葦束を予約した値段
nanami
nanami
今回初めてyahoo!トラベルを利用しましたが、本来18万円ほどの値段が12万円台で予約でき、大満足でした。

さらに「もっとお得に宿泊予約をしたい!」という人は、ポイントサイトを経由して予約サイトにいきましょう。私のおすすめポイントサイトはモッピーです。

https://www.mile-de-kazokuryokou.com/entry/moppy-202007

 

ブログをメールで購読

記事更新をメールで受信できます。

コメントを残す