マイルで家族旅行☆福岡発の陸マイラー☆

マイルとポイントで格安な子連れ家族旅行するためにマイル貯金に励む主婦の奮闘記

【アナンタラホイアン宿泊記】お部屋(デラックスバルコニー)・プール・朝食・レストラン・雰囲気、すべて見せます~2018年GW3世代格安家族旅行③~

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

応援クリックありがとうございます

f:id:t-nanami:20180521215309j:plain

こんにちは、nanamiです。

ベトナムはホイアンに3世代旅行したときに泊まったホテル「アナンタラ ホイアン リゾート」をご紹介します。 

スポンサーリンク


アナンタラホイアンリゾート:外観、フロント、ホテル内の様子

ホテル側と、ホテルの外ではそこそこギャップがあります。でも、危ない感じではありません。自転車は無料で借りれます。 

f:id:t-nanami:20180513174612j:plain
f:id:t-nanami:20180513174624j:plain
アナンタラホイアン玄関口

 

前日夜の到着時にはこのソファーでウェルカムドリンク(ライムとジンジャーが入っている清涼飲料水のような??)とおしぼり、何かよくわからないお菓子をいただきながらチェックインし。ホテルのフロントはオープンエアー。

f:id:t-nanami:20180513174652j:plain
f:id:t-nanami:20180513174657j:plain
アナンタラホイアンフロント

 

この中を抜けていくと、奥にプールがあります。 

f:id:t-nanami:20180513174708j:plain
f:id:t-nanami:20180513174747j:plain
中庭(昼と夜)

 

中庭にあるスペースで朝ヨガが体験できます(写真右)

f:id:t-nanami:20180513175230j:plain
f:id:t-nanami:20180513174712j:plain

 

スポンサーリンク

 

デラックスバルコニールーム

最下位グレードのデラックスバルコニールーム。定員は3人です。
私たちにとってはリゾート感満載の満足できるお部屋でした。 

アナンタラホイアンデラックスバルコニールーム

 

部屋の入口には、大型バルコニーにデイベッドがあります。
リゾート感満載!

アナンタラホイアンデラックスバルコニールーム

 

部屋に入ってすぐにある、36㎡のリビングスペース。ここもいい雰囲気。
一段上がって柵の向こうがベットルーム。

アナンタラホイアンデラックスバルコニールーム

 

ベット奥の引き戸の向こうは、洗面所・バスルーム(バスタブなし・シャワーのみ)、トイレです。

アナンタラホイアンデラックスバルコニールーム

 

コネクティングルームになっていたので、片方がクイーンベット、もう片方がシングル2台でした。寝心地は◎

アナンタラホイアンデラックスバルコニールーム

 

コロニアル調とは、こんな感じのお部屋です。

アナンタラホイアンデラックスバルコニールーム

 

コンセントは、部屋の各所に困らない程度にあります。

アナンタラホイアンデラックスバルコニールーム

 

ウェルカムフード・お部屋のドリンク類

昼から用意してあったのでしょうか?ラップはしてあったものの夜23時頃に到着したので、すでにカサカサ残念な感じになっていました。 

ウェルカムフード

 

クリーム風に見えるのは、軽い砂糖菓子のような物。ドライマンゴーはとても美味しかったです。

ウェルカムおかし

 

ネスプレッソもあります。冷蔵庫上には紅茶・コーヒーありました。 

アナンタラホイアンデラックスバルコニーのコーヒー

 

冷蔵庫の中は有料です。美味しそうなゴディバのチョコバーが入っていましたが、まさかの賞味期限がっつり切れ(+_+)

アナンタラホイアンデラックスバルコニールームの冷蔵庫 

スポンサーリンク

バスルーム

洗面ボウルは一つ。バスタオルはかなり分厚い系。
上からのシャワーは固定式で、粒は大きめ。手持ちのシャワーもありますが、手元からだだ漏れしてきてシャワー状態になりませんでした。
夜遅くに到着した時は、シャワーからお湯が出ず、翌日の昼はお湯が出たので、夜は出ないシステムなのかな? 
シャワーカーテンもないので、静かに浴びないと床が大変なことになります。

洗面所
シャワー

 

シャンプー・コンディショナー・ボディーソープはシャワーのところにボトルでおいてありますが、紙がギシギシになったのでシャンプー系は持参したほうが良さそうです。アメニティーは最低限のものはおいてあります。

アメニティー
トイレ

スポンサーリンク

 

朝食(ランタン) 

朝食会場は、フロントの向かい側にある「ランタン」は、リバーサイドカフェの上にあります。どの宿泊プランも朝食付きのようです。

f:id:t-nanami:20180513180422j:plain

 

階段がいい雰囲気を出していますね。天井が高くて、オープンエアーで気持ちがイイです。混雑もしていませんでした。 

朝食レストラン入口
朝食レストランの雰囲気

 

バイキング形式です。 

アナンタラホイアン朝食

 

ソーセージやベーコンなど、基本的なものは揃っています。 

アナンタラホイアン朝食

 

ワッフルメーカーがありましたが、使いませんでした。 

アナンタラホイアン朝食

 

オムレツコーナーです。具材は選べますが、いつも「オール」です(^-^)

アナンタラホイアン朝食

 

そのお隣には「フォー」のコーナー。朝食サイズで作ってくれます。

アナンタラホイアン朝食

 

サラダコーナー。

アナンタラホイアン朝食

 

ハムいろいろ、スモークサーモンも。右上に見えるのは、ベトナムの代表料理「生春巻き」ですね。ウェルカムフードに入っていたのと同じです。

アナンタラホイアン朝食

 

チーズの種類が多くて良かったです。 

アナンタラホイアン朝食

 

フルーツは沢山ありましたが、一番良かったのはマンゴー。日本でマンゴー食べ放題はないですからね!パインは安定のお味。 

アナンタラホイアン朝食

アナンタラホイアン朝食

 

ヨーグルトは小瓶に入れてディスプレイされています。お察しの通り、冷えていません

 

ヨーグルトに見えるのは、オートミール。

 

スムージー系は小瓶にはいって、冷やされています。が、中はそんなに冷えていません。瓶が分厚いからだろうか・・・?

アナンタラホイアン朝食

 

なんかわからないけど、体に良さそうな感じのジュース。 

アナンタラホイアン朝食

 

ベトナムはフランス領だったので、フランスパンは充実しています。
名物のバインミーもフランスパンですもんね(^-^)

アナンタラホイアン朝食

 

それ以外の甘い系パンも沢山あります。

アナンタラホイアン朝食

 

ジャムは小瓶に入ってたくさんの種類があります。

アナンタラホイアン朝食

 

せっかくベトナムに来ているのに、いつもと変わらない感じの内容。

アナンタラホイアン朝食


私たちは人数多かったのでテーブル席でしたが、外を見ながらのこのおせきも素敵。

アナンタラホイアンの朝食会場からの景色


朝食会場(ランタン)から見た、裏のトゥボン川。

アナンタラホイアンの朝食会場からの景色

スポンサーリンク

トゥボン川にいってみた

ホテルの裏口から、トゥボン川に出られます。こちら側のお部屋は「リバービュー」と名付けられているお部屋。 

f:id:t-nanami:20180514233935j:plain

 

夜になったら光がともって、いい雰囲気になるんだろうなぁ~。 

f:id:t-nanami:20180514233945j:plain

 

奥にある船は、アナンタラ所有の船。オプションでリバークルーズもできます。 
指さしてのぞき込んで何を言っているのでしょう・・・

f:id:t-nanami:20180514233956j:plain

 

「汚なっ!くっさ!」結構ごみもあって、においもある川でした。
遠くから眺めるだけにしておけばよかったなぁ・・・。 

f:id:t-nanami:20180514234006j:plain

スポンサーリンク

プール

大きなプールの横に、小さな子供用の浅いプールもあります。
写真奥に見えている、プールサイドそばの部屋が私たちの部屋でした。おそらく、子供がいたので配慮してそこにしてくれたのだと思います。

f:id:t-nanami:20180521213513j:plain

 

右奥のチョット大きな建物はビーチバー。

f:id:t-nanami:20180521213516j:plain

 

タオルやビーチチェア、パラソルはもちろん無料。チェアが埋め尽くされることはありませんでした。

f:id:t-nanami:20180521213519j:plain

スポンサーリンク

リバーサイドカフェ・レストラン 

18時すぎの景色です。少しずつ暗くなり始め、明かりがイイ雰囲気です。

f:id:t-nanami:20180514234149j:plain 

f:id:t-nanami:20180514234204j:plain

 

外ですが、風が心地よく、ちょうどよい気温。*川の臭いもしません(^-^;
メニューはパスタやステーキ、シーフードなど、ベトナム色があまり強くないものをチョイスしてしまいました(^^ゞ

f:id:t-nanami:20180514234132j:plain


最終日、チェックアウト後に利用したのですが、20%OFFしてくれました。
現金(ベトナムドン)を全部使い、残りの支払いをAMEXカードで。 

 

スポンサーリンク

【アナンタラホイアン】お部屋(デラックスバルコニー)・朝食・プール・レストラン・雰囲気、すべて見せます:まとめ

アナンタラホイアンをご紹介しましたが、いかがでしたか?

時期にもよりますが、GWで一泊一室約25,000円でした。1室3名で朝食付きなので、ちょっとした日本のホテルと同じくらい。ホイアンの平均からすると高めかもしれません。

ホテルのスタッフの方は、ろくに英語もしゃべれない私の希望に辛抱強く耳を傾け、適切な対応をしてくれました。2泊という短い時間でしたが、心地よく過ごすことができ、アナンタラホイアンにして良かったな~と思います。

 

ホイアン旅行の他の記事

ANAマイルで発券した特典航空券でホイアンに行きました!

 

ホイアンの素敵な街並みを、是非一度ご覧ください。

 

★おススメ記事★
【旅費は格安!家族旅行の方法】おすすめクレジットカード厳選3枚+α
【得技】アメックスゴールド、各種アメックスカードをお得に作る方法
【陸マイラーのススメ】効率よく大量にマイルを貯める方法