SPG&マリオット

【砂漠のアクティビティinアルマハ】一生モノの貴重な体験を子供と~2019年夏休み家族旅行記③~

ドバイのアルマハの砂漠アクティビティーイメージ

貯めたマイルで特典航空券を確保し、SPGアメックスで貯めたマリオットポイントでドバイの『アルマハラグジュアリーコレクション』に宿泊しました。

アルマハは砂漠の中にあるホテル。一日3回の食事と2回のアクテヴィティーが宿泊料金(ポイント宿泊)に、1日3回の食事と2回の砂漠アクティビティが含まれています。

nanami
nanami
砂漠で退屈するかも・・・って心配はいりません。2泊するなら4回体験できます。

今回はアルマハでの『アクテヴィティーについて』、詳細と私たちが体験した4つのアクティビティーをご紹介します。

アルマハ,ラグジュアリーコレクション・デザートリゾート&スパ,ドバイは、緑したたるヤシの木立、エメラルドに輝く林冠、ドバイ砂漠保護区の象徴的な砂丘に囲まれた、ご宿泊のお客様専用のプライベートなオアシスです・・・・
乗馬やラクダトレック、ネイチャーウォークの体験は、いつまでも忘れられない思い出となることでしょう。デザートサファリへのご参加や、アーチェリー、鷹狩りに挑戦なさるのもお勧めです。
雄大な砂丘や山の眺めを楽しめるプライベートプールが自慢の42室のスイートを備えた5つ星リゾート・・・
公式サイトより

 

アルマハのアクティビティーは全部で9つ!その詳細は?

アクティビティは通常、ホテル到着時にゲストリレーションズコーディネーター(フロントのお姉さん)から説明を受けて何を体験するかを決めます。

私は絶対「キャメルライド(らくだ乗り)」をしたかったので、事前にホテルにメールしていましたが「予約」としては受けてもらえず「リクエストは聞きましたよ」状態でした。「アクティビティは予約状況や季節・気象条件・風のパターンに基づいて変更されるから」という理由のようです。

鷹狩(ファルコニー)アラブの伝統芸、鷹狩実演見学5:30~1時間
自然散策(ネイチャーウォーク)ガイドと散策しながら砂漠の生物や不思議について学ぶ5:30~1時間
ガフツリー散策(Ghaf-tree walk)ガイドとガフツリーの木立まで10分ほどドライブし、散策しながら森や木について学ぶ5:30~1時間
野生動物ドライブ(ワイルドライフドライブ)ガイドとドライブしながらアラビアオリックスや砂漠に生息する生物について学ぶ16:45~1時間
ラクダの旅(キャメルライド)リゾートから車で砂丘に行きラクダに乗って、沈む夕日に杯を傾ける18:00~1.5時間
夕暮れの一杯(Sun downers)車で砂丘に行き、沈む夕日に杯を傾ける18:15~1時間
アーチェリー9時10時11時から選択~1時間
(*)乗馬アラビア馬に乗って朝日に映える砂漠体験(乗馬できる人のみ)5:30~1時間
(*)砂漠ドライブ砂丘を四輪駆動で大胆にドライブ7:00~1時間

(2019年8月現在)

無料のアクティビティーは7つ、(*)の2つは有料で270/人AEDの追加料金で参加可能です。

nanami
nanami
開催時間が重なっているのもあるので、何を優先するかしっかり考えておきましょう。

アクティビティー参加前のティータイム

アクティビティーの15分前にロビーに集合するように言われています。

ロビーの一角にあるコーヒーセンターで軽食と飲み物が振る舞われています、アクティビティー前の腹ごしらえです。アルマハはエグゼクティブラウンジはありませんが、ここがその代わりのようなものですね。

このワッフルコーンの中身はポテトサラダのようなものだったと思います。
クッキーやグミムースなどの甘い系のものが多かったですね。
ガラスの瓶に入っているのは、レモネードとミルク系のマンゴージュースでした。
コーヒー紅茶やラクダミルクもちろんあり、お水もボトルごと置いてあります。
アクティビティーに持っていっても良いのでしょうね。

アルマハのコーヒーセンター軽食
子供
子供
右上の写真のムースの上に乗っているものは「ホッピングボバ」っていう、中にジュースが入ったイクラのような食感の食べ物だよ。味はトロピカル系でした。
nanami
nanami
では、私が体験した4つを人気の順に紹介します!



ラクダの旅(キャメルライド)砂漠でラクダに乗る!!夢の世界

キャメルライドは夕方6時からです。

時間になるとガイドさんが呼びに来ます。特に名前の確認などはされませんでしたが、ついていくとアルマハのアクティビティー専用車がお待ちかね。
とってもきれいでおしゃれな車ですよね。

他のお客さん達と一緒に乗り込んで10分ほど走り、砂漠にやってきました。
このようにお水やソフトドリンク、シャンパンなどを振る舞ってくれるカウンターがあります。デーツやナッツいちごなど、ちょっと口に入れるものも用意されていました。
ここでちょっとドリンクタイム。

アルマハのアクティビティーのキャメルライドの最初の一杯
nanami
nanami
ふと遠くを見ると・・・らくださん達が並んで座ってる!

やっぱり皆さん一斉に写真撮影。
ラクダを引っ張ってくれるこの方が、ものすぎくイイ感じに砂漠感を醸し出してくれます。
ラクダの背から見る景色は意外と高いんです。そして結構揺れます。両手でしっかり前の羽をつかんでおかないと振り落とされそうです。なので立派な大きなカメラを持って写真を撮りながら乗るのは難しいかもしれません。

アルマハのアクティビティーのキャメルライド

ラクダに乗って列をなして進んでいくのですが、後ろのらくださんは気が早いようで私たちのことを追い抜かそうとものすごく近くに寄ってきました。真横に顔が来るとラクダの息遣いをものすごく感じられます。

子供
子供
ちょっとびっくりして固まっちゃった!

本当にこれは貴重な体験の数々でしたね!

アルマハのアクティビティーのキャメルライドの様子

5分10分歩いたところで、ラクダ使いの方が参加者のカメラを受け取ってくれて写真撮影をしてくれます。

キャメルライド

以外と乗っている時間は短かったですが、2回乗れました。夏以外だと、もう少し長く乗れるようですよ。



鷹狩(ファルコニー)

ファルコニーは朝5時30分から。

ロビーに集合した後ガイドさん達に連れられてホテルの裏の砂漠に降りて行きます。もちろん舗装されたところではないので、ビーチサンダルだと歩きにくいです。私は砂漠のところは裸足でおりましたが、おそらくガゼルのフンなんかもたくさんあったのでは…

始まった時はこの写真よりもう少し薄暗かったです。こういうのちょっとドキドキしていいですね。朝日が上るところは見えていませんが、すぐに明るくなっていきます。

アルマハのアクティビティー鷹狩

椅子に座ったら、ガイドさんがスラスラと英語で鷹や鷹狩りについて解説を始めます。ガイドさん3人が交互にタカ2匹、フクロウ1匹についての解説。

アルマハのアクティビティー鷹狩

話が結構長いんですよ。うちの家族は全然英語が分からないので、時々出てくる単語がわかる程度。ボケトーク買って持ってくればよかったねって話してました。

子供たちもポカンとした顔で、珍しいたかを眺めていました。まぁ、ネイティブの英語を聞き流すだけでも何かしら刺激になるかもしれないので…

アルマハのアクティビティーの鷹狩の説明

もっとビューっと飛んで獲物を捕まえたりするところが見られるのかな?と思っていましたが、ぐるっと1~2周飛ぶ程度でした。もしかしたら暑かったから、タカ達のやる気がなかったのかも…

このフクロウさんとガイドさんのやりとりはなんとなくコミカル(言ってることが全くわからない)。お腹がいっぱいなのか、餌のお肉にもあまり興味を示さなかったです。

アルマハのアクティビティー鷹狩のフクロウ
最後に1人ずつガイドさんからタカやフクロウを腕に乗せてもらって写真を撮る時間があります。これは貴重な体験ですね!
アルマハのアクティビティー鷹狩で手に乗せる アルマハのアクティビティーの鷹狩で鷹を手に乗せて

最大の難関はこの砂の道を通ってホテルへ戻ることです。サンダルを履いていると中に砂が入って重くなるし、裸足になって登ると足がズブズブ砂の中に埋もれるんですよ。石があって痛いとかはなかったんですけど、やっぱりちゃんとしたトレッキングブーツを履いていたほうがよさそうです。

アルマハのアクティビティー鷹狩
nanami
nanami
ほとんどの方がサンダルでしたけどね!私のサンダルは壊れました。



野生動物ドライブ(ワイルドライフドライブ)

ワイルドライフドライブは夕方4時45分から。

1時間ほどで戻ってくるので、6時からのキャメルライドにも間に合います。我が家は続けて2つのアクティビティーに参加しました。

ガイドさんの運転する専用の車に乗って砂漠に向かいます。我が家以外にあと一組、2台に乗り込んだのでプライベートカーになりました。

アルマハのアクティビティーのワイルドドライブ

砂漠も少し走るとその所々で様子が違うんですね。

アルマハのアクティビティーのワイルドドライブ

ガイドさんが英語で解説してくれるのですが、案の定英語がわかりません。

子供
子供
ママは単語を拾ってウンウン頷いて、わかっている感を出してたよ。

途中からは写真を見せて説明をしてくれましたので、なんとなく想像がつきます。いろんな生物を見てみたかったですが、車の中からでは出会うことが出来ませんでした。
ほんと、ポケトークがあればどんなに理解できただろうと思います。

アルマハのアクティビティーの自然ドライブ

この砂漠はアルマハの敷地です。

ここにいるガゼルやオリックスは飼われているわけでは無いですが、この木にしても水飲み場にしても、きちんとアルマハが管理をしています。
自動で木に水がまかれたりするんですね。そしてそのような人工的なものは見えないように土の中やむしろで隠されています。

アルマハのアクティビティーのワイルドドライブでみたオリックス

しばらくすると動物もいない木も生えていない「ザ・砂漠」を車で滑り降りてみたりしてくれます。外に出ていいよと言われたので、思い想いに砂漠を楽しみます。子供は元気だから、砂漠の山を登ったり降りたり猛ダッシュで何回もやっていましたね。ガイドさんが写真を撮ってくれました。

子供
子供
一生ものの思い出をありがとう!
アルマハのアクティビティーのワイルドドライブ

しばらく走っていると茂みのそばにオリックスの骸骨が!
ガイドさんにフェイク?と聞いたら、本物だと。この砂漠はとっても広いのでこういうこともあると言っていました(たぶん)。

アルマハのアクティビティーのワイルドドライブで見たオリックスの骨
これだけ管理されているアルマハ敷地内の砂漠で…?白骨化するまでにどれほどの時間がかかるのでしょう。
アルマハのアクティビティーのワイルドドライブ

遠くに見えるのはホテルの部屋。オアシスのように木々に囲まれて、点在しているのが分かります。
砂漠から母屋に帰る途中に、特別大きな部屋(おそらくプレジデンシャルスイート)がある近くを通りました。この部屋は母屋から遠すぎなので、VIPが広々としたリビングルームでルームパティーとかするんだろうなぁ。



アーチェリー

アーチェリーは午前9時・10時・11時から選ぶことができます。
これはおそらく家族単位での開催でしょう。車でガイドさんと砂漠の中のアーチェリー場に向かいます。

アルマハのアクティビティーのアーチェリー

ムシロで覆われて屋根もあるのですが、屋外なので超暑いです。自分たちのスケジュール上、参加できるのがアーチェリーだったからですが、夏に味にはお勧めできませんね。

ガイドさんが必要な道具をつけてくれます。右利きでも左利きでも大丈夫です。

何メートルあるのかはよく分かりませんが、手作り風の的に向かって矢を放ちましょう!
的を外したら、うしろの砂丘に刺さります。砂に刺さればまだいいのですが、めちゃくちゃへたくそだと砂丘を越えて見えなくなっちゃいます!それを取りに行くのが超大変です。

nanami
nanami
ガイドさんが足軽く取りに行ってくれますが、申し訳なさすぎて自分でも行かなくちゃ!

スコアボードがあり、上位の方たちの名前が書いてあります。第2位に日本の方の名前がありました。



砂漠のアクティビティinアルマハ:体験記まとめ

ドバイのアルマハラグジュアリーコレクション。

砂漠のアクティビティーが1日2回まで無料参加できるのはすばらしいサービスです。日本にいると体験できないようなアクティビティーなので、参加する価値が大いにあります。

専門のネイチャーガイドさんが、砂漠の動物や生物・自然の不思議について英語で詳しく解説してくれるので、勉強にもなるでしょう。

異国情緒あふれる砂漠の中のホテルで、食事やアクティビティーの料金を考えずにオールインクルーシブで滞在できるのは、実はかなりコスパも良いのではないかと思います。

nanami
nanami
それでも通常1泊10万円以上のお金を払って滞在するのは勇気がいるので、マリオットポイントを使って無料宿泊するのがオススメ。

砂漠の特別なホテル『アルマハ』の全貌とお得に宿泊する方法を詳しく紹介しています。

アルマハ宿泊記イメージ画像
砂漠で極上ホテルステイ!ドバイのアルマハで子供と非日常体験~2019年夏休み家族旅行記①~2019年夏休み、我が家(夫婦+小学生2人)はタイ航空(バンコク経由ビジネス)でドバイ旅行に行き、マリオットボンヴォイグループの砂漠ホテ...

 

滞在中の食事もインクルード。美味しいお食事がレストランでもインルームでもOK!

アルマハの食事全部公開の記事イメージ
アルマハの本格的食事メニュー大公開!豪華レストランもインルームもすべて無料!~2019年夏休み家族旅行記②~ マリオットボンヴォイグループホテル『アルマハラグジュアリーコレクションデザートリゾート&スパ』はドバイの砂漠にある1泊10万円以...

 

ドバイのシティー泊でも、オプショナルツアーで砂漠のアクティビティーを体験できるものもたくさんあります。海外旅行のオプショナルツアーで種類が多くて私がよく利用するのは『Veltra』です。

例)モーニング・デザートサファリ☆人の少ない早朝出発!砂丘ドライブ&ラクダ乗り体験<ホテル送迎/朝食付/ドバイ発> 大人:49ドル、子供:44ドル

ベルトラの砂漠ツアー一例

Veltraサイトを見る

ブログをメールで購読

記事更新をメールで受信できます。

コメントを残す