ホテル紹介

由布院温泉【山荘わらび野】宿泊記~ラグジュアリースイートと絶品料理をレビュー~

わらび野宿泊レビューのアイキャッチ画像
湯布院で家族だけのお籠り旅行できる素敵なお宿はないかしら?

と検索している皆さんへ、「山荘わらび野」さんをご紹介します。

近場の温泉があって三密を避けられる宿を検索したら評判が良くて、気になっていました。

そして、楽天トラベルさんの「高級宿で使える10万円クーポンプレゼント」のTwitter企画でなんと当選したのをキッカケに、ついに宿泊!!

nanami
nanami
どうせなら普段なら手が出せない奮発したところに泊まろう!

まるでおしゃれな自宅か別荘かに来たかのような、プライベート感満載の素敵なお宿。雰囲気からお部屋・温泉・お食事まで余すことなくレビューします。

山荘わらび野の基本情報

山荘わらび野の看板
住所〒879-5114 大分県由布市湯布院町川北952-1
電話0977-85-2100
チェックイン15:00〜
チェックアウト12:00
カードVISA / MASTER / JCB / AMEX / DINERS / 銀聯 / その他(交通系など)

お忍び系の温泉宿だと子供NGなところもありますが、山荘わらび野は子供の宿泊もOKです。

湯布院インターから車で約3分とアクセスはとても良いです。湯布院の観光中心地からは徒歩30分、車で9分と少し離れています。

公式サイトを見る

由布院の隠れ家のような印象のわらび野は、有名人がお忍びで来そうな雰囲気です。

わらび野外観

お部屋の種類

山荘わらび野のお部屋

お部屋の種類は、

  • スタイリッシュスイート(広さ57平米)
  • ラグジュアリースイート(広さ85平米)

を基本に、2階にバルコニーと露天風呂を備えたメゾネットタイプの

  • メゾネットスタイリッシュスイート(広さ130平米)
  • メゾネットラグジュアリースイート(広さ132平米)

の全13室があります。

すべてのお部屋に敷地内の源泉から湧く100%掛け流しの半露天風呂と、床暖房がついています。

泉質はアルカリ性単純泉で、効能は神経痛・関節痛・冷え性・疲労回復です。

お宿の雰囲気

山荘わらび野の敷地内風景

余計なものを省いた、いい意味でスッキリした雰囲気です。

緑で統一された庭を歩くと現れる石造りの棟。これがお部屋。
木のようにも見えるしコンクリート打ちっぱなしにも見える外壁は、日本初の杉の特殊型枠を使用してつけられた模様だそうです。

フロント・ブティック・カフェ

草門(レセプション)の一階がフロント・ブティックで2階がカフェになっています。

山荘わらび野のレセプション

ここでチェックイン。特にウェルカムドリンクとかはありませんでした。

山荘わらび野のレセプション

隣の部屋はショップ。センスの良い小物が販売されています。

山荘わらび野のブティック

わらび野オリジナル商品もありますね。

山荘わらび野のブティック

2階のカフェへ。若手クリエイターが手掛ける数々のアートや作品に出合えます。

山荘わらび野のカフェ

あいにくのお天気でしたが、晴れた日はここから由布岳がきれいに見えるそうです。

山荘わらび野のカフェ 山荘わらび野のカフェ

ラグジュアリースイートルームを全部見せます

ラグジュアリースイートは、85㎡で広々としたリビングに寝室がついた定員4名までのお部屋。開放的な窓とテラスと半露天風呂が付いています。

山荘わらび野のお部屋入り口

私たちは敷地の一番奥にある「楓 Kaede」というお部屋でした。

山荘わらび野の楓の部屋

玄関・ウォークインクローゼット

入り口は家の玄関のよう。外用のスリッパはBIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)のサンダルで、男性用・女性用・子供用でサイズを合わせて用意してくれていました。

お部屋の玄関

ウォークインクローゼットは広すぎるくらい!

お部屋のウォークインクローゼット

リビング・寝室

床は日田産の石造り。冬は暖かく夏は涼しく、季節の風がとても心地よく感じられるようになっています。

リビング

リビングルームには大きなソファー。ここで夜はテレビでNetflixの「鬼滅の刃」をみんなで見ました。家族団らん(^ ^)

私たちは4人で利用したので、ソファー後にエキストラベッドが2台用意されていました。

ウェルカムスイーツは私の大好きなカヌレ。これがあるのは調査済でした(笑)。由布院のカヌレ専門店CARANDONEL(カラネンドル)のものです。

カヌレ

ここのカヌレ食べたさに、以前行ったんですよ!

ミニキッチンがついています。

ミニキッチン

センスの良いお茶・紅茶・コーヒーが人数分。

食器と飲み物

冷蔵庫内のドリンク(ミネラルウォーター、ビール、ゆふいんサイダー)、コーヒー、紅茶、緑茶は無料で提供されています。*ビールは大人の人数分(中学生は大人カウントなので3本ありました)

冷蔵庫と中のドリンク

わらび野オリジナルの館内着や柔らかな肌触りの部屋着。館内着でレストラン利用OKだそうです。

館内着

 

バスルーム(半露天風呂)とテラスの様子

右の壁に見える白い梯子のようなものはバスタオルを乾燥できる優れもの。

洗面所

MARKS&WEBの自然派バスアメニティ(ハンドウォッシュ・洗顔料・クレンジング・化粧水・オイル)です。公式サイト☞MARKS&WEB

アメニティー

お風呂場には同じブランドのシャンプー・コンディショナー・ボディソープ。アロマの香りがとても気持ち良かったです。

シャンプー類

歯ブラシ、コットン、綿棒、髪ゴム、ヘアブラシ、T字カミソリ、ヘアーキャップ、ボディータオル。

アメニティー

バスルームも浴槽も広く、2人で入っても十分。

半露天風呂

ドアも開けられて外の景色がよく見える半露天風呂。弱アルカリ性のお湯はトロトロで、本当に気持ちがよかったです!

レストラン「中屋敷」のお食事紹介

わらび野のレストラン

レストラン内の様子。外から丸見えですが、宿泊客しかいないので気になりません。

わらび野レストラン内

レストランもスッキリしていますね。ソーシャルディスタンスもOK。

わらび野レストラン内

夕食

食事時間は18:00、18:30、19:00から選べました。夜のコースメニューはこちら↓

夕食メニュー

前菜
とうもろこし豆腐

トマトカップ
鱧と茄子のトマト釜

スープ
冬瓜スープ

刺身
本日の湊より(刺身)

最中の料理
最中サンド

最中の料理
最中の中身は…

最中の具材は、うなぎ・あんこ・卵・レタス・枝豆と芋のペーストなどでびっくりするんですけど、これがまた美味しい!!うなぎとあんこって、組み合わせてみようと思った料理長はすごいです。

寿司
焼万願寺(唐辛子)の寿司

シャーベット
香母酢のソルベ

肉料理
大分和牛のステーキ

酢の物
自蛸と胡瓜の酢もの

りゅうきゅうはそのまま食べてもいいし、ご飯に乗せてお茶漬けにしてもOK。ワサビと海苔の薬味と温泉卵もあります。

ごはんとみそ汁、りゅうきゅう
最後の〆

デザート
デザート&コーヒー

ご飯はお釜で出てくるので、お代わりしてもまだ余るくらい多いです。それをおにぎりにしてくれました。

朝食

朝食は8時から10時までの間にレストランに行けば食べられます。

サラダは家族で分け合って。

サラダ

ジュースは数種類から選べます。カクテルグラスに入っているのは生絞りのトマトスムージー。おかずは地元の野菜を中心に、ちょこちょこといろんな種類を。ごはんとお味噌汁はお代わりOKですよ!

朝食のおかず

ヨーグルトと季節の果物。実は私、スイカがあまり好みではないのですが、このスイカはさすがに甘くておいしかったです!

朝食後のデザート

まとめ

由布院の静かな場所にひっそりたたずむ「わらび野」。
シンプルに温泉・食事・家族とのひと時を楽しむにはとても良いお宿だと感じました。

nanami
nanami
湯布院の「二本の葦束」さんもお勧めです。
二本の葦束アイキャッチ画像
由布院温泉【おやど二本の葦束】宿泊記!露天風呂付離れのお部屋「我不歳月」離れの客室、部屋付き露天風呂や貸切風呂があり、食事も個別食の「由布院温泉おやど二本の葦束」の宿泊記。広大な敷地に古民家が点在し、観光地湯布院と思えないほどの静けさとゆったりとした時が流れます。Withコロナにおすすめの旅館です。...
ブログをメールで購読

記事更新をメールで受信できます。

コメントを残す