SPG&マリオット

マリオット&SPGプログラム統合:8月からの変更点まとめ。今後のポイントの利用方法について

f:id:t-nanami:20180630201838j:plain

いよいよ8月18日からマリオットとSPGのプログラムが統合され、6,500のホテルと29のブランドを有する巨大ホテルグループになります。それに伴い、会員ステータスやホテルカテゴリーの変更、ポイントの活用方法など、様々なことが変わるので、ついていくのに必死です。 

今回、マリオットから発表されたことをざっくりまとめ、これからのマリオットとの付き合い方を考えてみました。 

 

SPGゴールド会員のステータスはどうなる?

私は、SPGアメックスを発行しステータスリンクでマリオットゴールドになっている、いわゆるなんちゃってマリオットゴールドです(^-^)

8月以降マリオットゴールドはプラチナになれるということで、一瞬は期待もしたのですが、やはりそう甘くはないですね。

f:id:t-nanami:20180630155311p:plain

ココにちゃんと書いてあります。

*エリートレベルはリンクやステータスマッチによって付与された資格ではなく、獲得した会員資格に基づいて決まります。 

 

つまり、「SPGなんちゃってゴールドの人はマリオットゴールドです」

ということは、8月18日以降はマリオット系列ホテルでの、無料朝食とラウンジの利用不可ということです。

今まで美味しい思いをさせていただき、ありがとうございました。
マリオットに感謝(*^▽^*)

 

ポイント無料宿泊はどうなる?

ポイントの単位が変わり、【1スターポイント=3ポイント】となります。
ちょっと、頭の切り替えに時間がかかりそうです(^-^;

ポイント無料宿泊(フリーナイトアワード表)

従来のカテゴリーは、SPGは7までマリオットは9まで、リッツカールトンはティア5までと、バラバラでした。それも統一されます。

f:id:t-nanami:20180630160208p:plain

 

2018年8月18日以前までは、今のホテルカテゴリー&ポイント数です。

2018年8月18日以降、上表の新カテゴリー&ポイントが適応されます。
カテゴリー8に入るホテルは、2019年初頭にピーク・オフピークが導入されるまでカテゴリー7に据え置かれるので、かなりお得に宿泊できます。

 

ポイントセーバー

SPGにはなかったポイントセーバー。
時期によっては少ないポイントで宿泊できるそうですが、それはいつなんでしょう?使えるチャンスは少ないのではないかと思います。

f:id:t-nanami:20180630164126p:plain

 

キャッシュ&ポイント

現金とポイントを組み合わせて、お得に宿泊する方法。

f:id:t-nanami:20180630164930p:plain

 

今まではポイントのみの無料宿泊よりも「キャッシュ&ポイント」の方が、ポイントの価値が高くなる傾向にありました。ポイントをより高価値で利用でき、発生したキャッシュに対してもポイント付与されるので、なかなか良い支払い方法だと思います。

今回からのは、まだよく考察していないのでわかりませんが、なんか以前よりちょっと高い気がします・・・。

 

新トラベルパッケージ

今のトラベルパッケージからすると改悪になります。今のトラベルパッケージが良すぎたから…ですね。

f:id:t-nanami:20180630165427p:plain

いつかルネッサンス沖縄(カテゴリー6)に行きたいなと思っているので、新しいトラベルパッケージで検討してみます。

例)510,000ポイント(カテ6+100,000マイル)に交換する場合。

・マイル分:100,000マイルは通常のマイル移行(移行率1.25)で240,000ポイント必要
・宿泊分:残りの270,000ポイントカテ6(標準50,000P/泊)約5泊分

ということは、7泊できずに6泊でもトントンって感じと思いがちですが、実は・・・

【4連泊で5泊目無料】という素敵なプログラムがあります。

なので、もし510,000ポイント持っているのなら、
・240,000ポイントを100,000マイルに移行
・200,000ポイントで4泊+1泊(計5泊)
70,000ポイント余り

コッチの方がよさそうです。ということで、今回の検証では

「新トラベルパッケージは7泊しないとメリットがない
=4連泊以上は無理そうな我が家には不向き

という結論になりそうです。

ただ、ホテルポイントからのマイル増量キャンペーン等があれば、再検討ということで。 

 

8月までに今のトラベルパッケージに変えてしまうかどうか、非常に悩むところです。
なかなか7連泊ってできませんからね。切り捨てる日数の方が多くなるなら、無理してトラベルパッケージにしなくてもいいかな・・・と、個人的には思っています。

追記)悩んだ末に駆け込みで、カテゴリー1〜5のBAとUAに交換しました。宿泊を捨てたとしても、ポイントを直接マイルに移行するよりお得だったからです。

 

ポイントのマイルへの移行

ポイントは多くの航空会社のマイレージに移行できます。

・3ポイント=1マイル
・60,000ポイント毎に15,000ボーナスポイントが追加される。
(移行率は以前と同じ1.25%)

ANA・JALの日系はもちろん、40社を超える航空会社と提携をしています。8月からはヴァージンオーストラリア、エーゲ航空、ニュージーランド航空、カンタス航空、ジェットブルー、トルコ航空などが加わるそうです。

私は、ANAとブリティッシュエアウェイズ(BA)くらいしか利用していません。アラスカ航空とか海外航空会社のマイルも使いこなせている人は凄いと思います(#^.^#)

 

 

 

マリオット&SPG&リッツカールトンの新カテゴリー一覧

すべてのホテルが、共通のカテゴリー・ポイントで表示され、 とても分かりやすくなりました。

このカテゴリー表は2018年8月18日から適応されます。また、カテゴリー8は2019年から適応(2018年中はカテ7に分類)されるので、以下のようにするのが得策です。

・ポイントが増えるホテルは8月までに予約
・ポイントが減るホテルは8月以降に予約
・カテ8のホテルは2018年中に予約

 

国内マリオットカテゴリー一覧

カテゴリー / ホテル名8月以前8月以降
4フォーポイント・バイ・シェラトン函館30,00025,000-5,000
5コートヤード新大阪駅35,00035,0000
5コートヤード東京銀座ホテル35,00035,0000
5コートヤード東京駅40,00035,000-5,000
5富士マリオットホテル山中湖35,00035,0000
5伊豆マリオットホテル修善寺35,00035,0000
5軽井沢マリオットホテル35,00035,0000
5神戸ベイシェラトンホテル&タワーズ30,00035,0005,000
5琵琶湖マリオットホテル35,00035,0000
5Moxy Osaka Honmachi35,00035,0000
5Moxy Tokyo Kinshicho35,00035,0000
5名古屋マリオットアソシアホテル30,00035,0005,000
5南紀白浜マリオットホテル35,00035,0000
5ルネッサンスナルートリゾート35,00035,0000
5シェラトン・グランド・ヒロシマ・ホテル36,00035,000-1,000
5シェラトングランデオーシャンリゾート36,00035,000-1,000
5シェラトン北海道キロロリゾート36,00035,000-1,000
5シェラトン都ホテル大阪30,00035,0005,000
5北海道トリビュート・ポートフォリオ・ホテルキロロ30,00035,0005,000
5ウェスティン淡路リゾート&コンファレンスセンター30,00035,0005,000
5ウェスティン都ホテル京都36,00035,000-1,000
5ウェスティンホテル大阪36,00035,000-1,000
5ウェスティン仙台36,00035,000-1,000
5横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ36,00035,000-1,000
6沖縄マリオットリゾート&スパ40,00050,00010,000
6大阪マリオット都ホテル40,00050,00010,000
6ルネッサンス沖縄リゾート40,00050,00010,000
6シェラトングランデ東京ベイホテル60,00050,000-10,000
6シェラトン都ホテル東京36,00050,00014,000
6シェラトン沖縄サンマリナリゾート60,00050,000-10,000
6ザ・プリンスさくらタワー東京、オートグラフコレクション40,00050,00010,000
6ウェスティンホテル東京60,00050,000-10,000
6東京マリオットホテル40,00050,00010,000
7ザ・リッツ・カールトン、沖縄60,00060,0000
7ザ・リッツ・カールトン大阪50,00060,00010,000
7ウェスティンルスツリゾート60,00060,0000
8 *翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都90,00085,000-5,000
8 *ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町,ラグジュアリーコレクションホテル90,00085,000-5,000
8 *ザ・リッツ・カールトン京都70,00085,00015,000
8 *ザ・リッツ・カールトン東京70,00085,00015,000
8 *セントレジス大阪90,00085,000-5,000

 

国内の他、海外ホテルを公式サイトで確認
https://points-redemption.marriott.com/category-change

 

 

 

 

クレジットカード

マリオットグループのクレジットカードには、現在以下のものがあるようです。どこの国にでもあるものではなかったんですね!

f:id:t-nanami:20180630180548p:plain

 

日本は、SPGアメックス。

f:id:t-nanami:20180630180559p:plain

Q:8月から、既存のクレジットカードの特典はどう変わりますか?

A:2018年8月から2019年上旬までの期間に一部のクレジットカードで新規にグレードアップされた特典が追加されます。8月から、SPGとリワードのすべての参加ホテルで、1つのロイヤルティアカウントによってポイントを獲得および交換できるようになります。お持ちのクレジットカードによってエリート会員資格を達成した場合は、すべてのホテルで、その会員資格に伴う特典がご利用いただけます。SPGのクレジットカードをお持ちの場合は、ポイント獲得レートが変更になります。

まだ何か特典が追加されるのでしょうか?

継続特典の無料宿泊(現在カテゴリー6まで)のカテゴリーはどうなるのかな?→結論でました。新カテゴリーで50000ポイントまでの1泊無料宿泊券になります。

 

私はこのSPGアメックスを発行して、SPGゴールド会員になりステータスリンクでマリオットゴールドになれ、今まで朝食無料やラウンジを使わせてもらえました。これまでがボーナスタイムであり、今後は適正な扱いになるということです。

しかし、カード継続無料宿泊特典で元が取れ、ポイントはホテル無償宿泊やマイルに変えられるなど優秀なカードは他にないため、カード保有のメリットは十分にあると判断し、私は継続保持しています。

 

SPGアメックスの一番お得な入会方法は「紹介キャンペーン」

SPGを含め、アメックスカードは紹介キャンペーンが一番お得に入会できるのはご存知ですか?そして、家族も紹介可能です。夫婦や家族で相互に紹介しあうと、紹介した人には紹介ポイント、紹介された人には入会特典(ポイント等)がもらえます。私もこの制度を利用してポイントをたくさんもらいました。

今はアメックスゴールドが初年度年会費無料で気軽に発行できる状態です。相互紹介できる人がいるなら、これを利用してSPGアメックスを発行する手もありますね。

詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

 

以上、

【マリオット&SPGプログラム統合:8月からの変更点まとめ。今後のポイントの利用方法について】

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

★おススメ記事★
【旅費は格安!家族旅行の方法】おすすめクレジットカード厳選3枚+α
【選べる入会特典】各種アメックスカード発行は当サイトでお得に!
【陸マイラーのススメ】効率よく大量にマイルを貯める方法

★おススメ関連記事★