大量マイル獲得マニュアル

【図解】ドットマネーからTOKYUポイント経由ANAマイルへの移行方法

ドットマネーからANAマイルへポイント移行するイメージ図

ポイントサイトを使ってANAマイルを貯める方法にはいくつかのルートがあります。

この記事では、TOKYUルートでANAマイルへ移行する際の、中継サイトのドットマネーからTOKYU POINTへポイント交換し、ANAマイルへ最終移行する方法を図解します。

ANAマイルを貯めるTOKYUルート

 

事前にドットマネーとTOKYU POINT Webサービスに登録しておきましょう。

ドットマネーTOKYU POINT登録

 

【図解】ドットマネーからTOKYUポイントへの移行方法の実際(スマホ)

ドットマネーサイトにログインし「使う」を選択。

ドットマネーからTOKYUへポイント移行する手順

 

「TOKYU POINT」を選択。

最低交換ポイント数は300Pから上限は10万Pまで。

 

「交換申請」をタップ。

 

ドットマネー暗証番号を入力。

 

交換申請に必要な諸情報を入力。

 

 

 

 

今回、私が申請したのは6月21日なので、来月7月中旬頃に付与されます。

ポイント付与のタイミング

  • 1日~15日申請分は当月下旬ごろ
  • 16日~末日申請分は翌月中旬ごろ

 

ドットマネーから「TOKYUポイントに交換完了しました」とメールが来たのは7/24のことでした。

ドットマネーからのメール
nanami
nanami
もともと7月中旬頃に付与されることになっていましたね。

 

TOKYUのWebサイトに行って残高確認すると、実際にTOKYUポイントに付与されたのは7/11日になっていました。なぞの空白日数があります。もしかしたら、11日にサイトを見ていたらすでに付与されていたのかもしれません。

TOKYUポイント残高確認画面

 

TOKYUポイントからANAマイルへの移行方法

では、TOKYUポイントをANAマイルへ移行する手順を解説します。
TOKYU POINT Webサイトへ

 

「ポイントサービス」の「ポイント交換」をクリック。

 

「ANAマイレージクラブ(AMC)750マイル移行」をクリック。

 

ANATOKYUカード記載のお客様(AMC)番号と、交換口数を入力します。
1,000P=1口。例)10,000P=10口=7,500マイル
TOKYUポイントからANAマイルへの交換日数は約一週間。

 

申込内容の確認があり、申し込み完了となります。

nanami
nanami
1週間後にANAマイルが付与されていれば、TOKYUルートは完全開通!

7/27にTOKYU POINTからポイント交換手続きをしましたが、数日後にANAマイレージクラブのマイル残高を見ると、7/27にポイント移行完了と記載されていました。なんと当日!

TOKYUからのANAマイル付与された画像
ポイントの交換方法も簡単だし、ドットマネーからANAマイルになるまでの約一か月と早いのがメリット。

 

【図解】ドットマネーからTOKYUポイント経由ANAマイルへの移行方法:まとめ

  • ドットマネーからTOKYUポイントへは300P~10万P/月移行可能
  • ドットマネーからの申請は15日で区切られており、約15~30日程度で移行可能
    (1日~15日申請分は当月下旬ごろ、16日~末日申請分は翌月中旬ごろ)
  • TOKYUポイントからANAマイルへ、約1週間でポイント移行。(上限なし)

 

ANAマイルを貯めることができるルートは複数ありますが、このTOKYUルートはポイントサイトのポイントを75%レートで移行でき、ある程度まとまったマイル数を流すことができる非常に優秀なルートですね。

 

ブログをメールで購読

記事更新をメールで受信できます。

POSTED COMMENT

  1. 芝 いく より:

    詳しいご説明をありがとうございます。TOKYUルートでマイルを貯めることに挑戦してみたいと思っていますが、いろいろな情報が多すぎて少し混乱しています。ポイントサイトはハピタスの利用する予定ですが、TOKYUルートというのはポイントサイト(ハピタス)→ドットマネー→ANATOKYUカード→ANAという図の最後のANAのマークがあるのはソラチカカードのことで構いませんか?
    一般のANAカードなら持っているのですが。やはりソラチカカードを発行するということですか?
    必ず必要なカードはANATOKYUカードとソラチカカードですか?
    宜しくお願い致します。

    • yumiharuyuu より:

      芝さま

      コメントありがとうございます。
      【TOKYUルートというのはポイントサイト(ハピタス)→ドットマネー→ANATOKYUカード→ANAという図の最後のANAのマークがあるのはソラチカカードのことで構いませんか?】
      ということですが、最後のANAはANAマイルの事です。
      ソラチカはここでは関係ありません。ソラチカカードとTOKYUカードが同じ立ち位置になります。

      【ポイントサイト(ハピタス)→ドットマネー→TOKYUポイント→(ANATOKYUカードを経由して)→ANAマイル】です。
      TOKYUルートにおいてはANA TOKYUカードを発行する必要があり、ソラチカを発行する必要はありません。
      もちろん、ソラチカを持っていてもいいですけどね(^-^)

コメントを残す