マイルで家族旅行☆福岡発の陸マイラー☆

お得に家族旅行するためにマイル貯金に励む主婦の奮闘記

60万マイル大放出!ビジネスクラスで行く家族4人フィンランド旅行が確定しました。


応援クリックありがとうございます

f:id:t-nanami:20180118152842j:plain

こんにちは、nanamiです。
2018年に入ってから、次回年末年始の特典航空券争奪戦に参加しました!いつもはANAで参戦していますが、今回は初めてブリティッシュエアウェイズ(BA)での参戦なので準備万端で臨みましたが、マイルの使い方としてはヘタクソ。
この記事は今回の私のマイルの使い方や諸費用などをまとめました。「特典航空券で行くフィンランド」に興味がある方への何らかの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

 

主人の「死ぬまでにオーロラを見たい」という希望にこたえ、次の年末年始にオーロラを見に行くには短すぎる5日間という日程で、フィンランドはロヴァニエミにオーロラとサンタさんに会いに行く家族旅行を計画しました。

 

日本からロヴァニエミまで最もマイルが少なくてすむベストな特典航空券の取り方は、「JALマイルでフィンエアーの2区間(国際線・国内線)を往復一気にとる」ことだという事を、まず最初にお伝えしておきます。往復エコノミー50,000マイル+28,570円とマイル・諸費用ともに少なく済みます。*ちょっと不思議なのが、JALマイルでフィンエアーの成田ヘルシンキ往復は55,000マイルなんですよね・・・。ヘルシンキ⇔ロヴァニエミ間の分はどういう計算なのか??

成田からロヴァニエミまでのJAL特典航空券の旅程

 

f:id:t-nanami:20180118110056p:plain

 

ただし、年末年始などのハイシーズンに、ヘルシンキ⇔ロバニエミが特典航空券で解放されていない可能性が高いです。また、日本からの到着便にちょうど良い乗継便はフィンエアーの一般航空券でさえ1年近く前から売り切れそうです。そのため、ハイシーズンでは、上記JAL特典航空券でロヴァニエミまで一気に取るのは困難だと思います。

ですが、昨年末から今年にかけての動きを見ていると、直前になってエコノミー・ビジネスともにかなりの席数が解放されたので、行けたらラッキーくらいでチャレンジできる方には直前発券をお勧めします。

 

我が家は子供もいるし、私の性格上計画が立たないのが嫌なので、特典航空券争奪戦に参加しました。
355日前にBAマイルでフィンエアーにチャレンジしてダメだったら、300日前にJALで再度チャレンジできるので、2回もチャンスがあります!(^^)!*JALマイルはまだ持ってないですが…。

スポンサーリンク

 

日本⇔フィンランド(ヘルシンキ)特典航空券はBAマイルで確保完了!

エコノミーでもビジネスでも、どちらか取れる方で特典航空券を即発券する考えです。BAサイトでフィンエアーの特典航空券について調べた限り、次のことがわかりました。

 

関空発着:エコノミー数席、ビジネス4席(土日は2席)
名古屋発着:エコノミー数席、ビジネス2席(復路平日は4席)
成田発着:エコノミー数席、ビジネス2席。*JAL便はエコノミー4席、プレエコ2席、ビジネス2席

 

エコノミーの必要マイル数は片道25,000マイル。これはJALマイルでフィンエアーを取るときの方道27,500マイルと比べると割安感があります。(下の画像はJAL)

f:id:t-nanami:20180118112538p:plain

 

ビジネスの必要マイル数は片道70,000マイル。これはJALが55,000マイルなのと比べると割高感があります。そのためか、エコノミーは空席なしでもビジネスは空席ありという日が多くありました。(下の画像はJAL)

f:id:t-nanami:20180118112558p:plain

 

我が家は家族4人。
狙うは「往路:名古屋エコノミー4席、復路:関空ビジネス4席」!
結果は諸事情あって「往路:名古屋組・関空組に分かれてビジネスクラス2席ずつ。復路:関空ビジネスクラス4席」が取れました(^o^)/ 

 

フィンエアービジネスクラス4人分、必要マイルと諸費用はいかほど?

空港利用税や燃油サーチャージなどで諸費用はその時期によって異なりますが、私が発券した時(2018年1月上旬)は以下のようでした。諸費用が結構かかりました(T_T)

・往路名古屋発(大人1人+子供1人):150,000マイル+(10,070+8,790)円
・往路関空発(大人1人+子供1人):150,000マイル+(10,540+9,180)円
・復路ヘルシンキ発(大人2人+子供2人):300,000マイル+(26,990×4)円

合計:600,000マイル+146,540円

 

不思議なのは、復路はエコノミーだと100,000 Avios + ¥ 76,640円で、諸費用が少し安いです。諸費用はエコノミーもビジネスも同じだと思っていたので驚きでした。往路は大人と子供で諸費用が違うのに、復路は大人も子供も同料金でした。 

また、JALマイルで日本⇔ヘルシンキのビジネスを取る場合は、32万マイル+諸費用(一人当たり8万マイル+諸費用)なのでマイル数がずいぶん異なります。

 

毎回恒例の1マイルの価値を計算してみます。
下の画像の料金は大人2人+子供2人の料金で、左側が関空⇔ヘルシンキ、右が参考資料の関空⇔ヘルシンキ経由ロヴァニエミの料金です。

フィンエアーのエコノミークラスは、往復20万マイル+77,440円です。*諸費用は片道ずつ発券だともう少し高くなります。
(695,280ー77,440)円/200,000マイル≒3.09

フィンエアーエコノミーの料金
エコノミークラスの料金

同じくビジネスクラス。私たちの実際のヤツです。
(2,300,080ー146,540)円/600,000マイル≒3.6
う~ん、イマイチ伸びなかった…。エコノミーとあまり変わりませんね。
ですが、我が家が230万円払えるわけがなく、マイル様様です!

フィンエアーのビジネス料金
ビジネスクラスの料金

特典航空券争奪戦!とは書きましたが、ANAほど激戦ではないようです。
冬のヘルシンキ路線があまり狙われないからかもしれません。日によってまだ十分が空席あります。
寒い日本からもっと寒いところに行きたいとはなかなか思わないからでしょうね(^-^;

スポンサーリンク

 

フィンエアーの機材について

成田発着便は最新のA350です。ビジネスクラスの座席はヘリボーン型シート
乗ったことはありませんが、子連れにはちょっと使い勝手が悪そうです。真ん中のシートは二人席ですが、離れてるし・・・。

f:id:t-nanami:20180118123405p:plain

 

関空・名古屋発着便はA330。ビジネスクラスの座席はスタッガード型シート。こちらの方がまだ距離が近い感じがあって、子連れには安心です。

f:id:t-nanami:20180119103455p:plain

これからフィンランド行き特典航空券は取りやすくなる! 

現在フィンエアーは、日本へは成田・関空・福岡・中部(セントレア)にヘルシンキから乗り入れています。

成田線は、2018年5月から1日2往復に増便するそうです。しかも成田はJALも毎日1便運航していますので、今後は毎日3便がヘルシンキへ??

関西線は、昨年10月から今年3月までの2017年冬ダイヤ期間中、月・火・木・土・日曜に関空発週5往復運航していますが、2018年3月25日からの夏ダイヤは週7往復で、毎日運航するようになるそうです。

今後、日本発ヘルシンキ行きはますます特典航空券がとりやすくなると思います。

情報元はコチラ☞ http:// http://www.aviationwire.jp/archives/138786

 

まとめ

初めての年末年始の海外。
いつもはTVで「みんなどんだけお金持ちなんだろう~?」と羨ましく思っていたのに、まさか我が家が行けるなんて感無量!

贅沢せずにエコノミーでも良かったのですが、結果的に往復ビジネスクラスという贅沢旅行になってしまいました。でも、チェックインや保安検査で優先でレーンが利用でき、ビジネスクラスラウンジが利用できるというのは、ワンワールド系上級会員ではない我が家にとってはかなりのメリットになりそうです。
SFCやJGCを持たない人こそ、ビジネスクラスを目指すべきかもしれませんね。

一年後なのに家族全員ワクワク!
無事、出発できますように(*^-^*)  

 

我が家のような普通の家庭でも海外旅行に行けるようになったのは、この方法のおかげです。よろしければ、読んでみてください。

 

★おススメ記事★
【旅費は格安!家族旅行の方法】おすすめクレジットカード厳選2枚+α
【陸マイラーになろう】効率よく大量マイルを貯める方法
【得技】アメックスゴールド、各種アメックスカードをお得に作る方法