マイルで家族旅行☆福岡発の陸マイラー☆

お得に家族旅行するためにマイル貯金に励む主婦の奮闘記

ANA国際線特典航空券の裏ワザ的取り方。実際に予約・発券する方法を具体的に説明します


応援クリックありがとうございます

f:id:t-nanami:20170115150520j:plain

ポイントサイトで貯めたポイントをソラチカルートで毎月移行させると、びっくりするほどたくさんマイルが貯まります。マイルの期限は3年間ですので、旅行に行ける時にどんどん特典航空券を発券して期限切れにならないようにしたいですね。今回は、国際線特典航空券の確保の方法と予約・発券方法について、図解でわかりやすく説明します。

スポンサードリンク

 

国際線特典航空券の発券ルール

まずは基本事項を確認しておきましょう

予約開始日

予約開始は355日前(出発日含まず)の午前9時(日本時間)から第一区間出発の96時間前まで。電話予約も、ネット予約も同時にはじまります。国際線は片道発券はできません、必ず往復発券です。

電話予約の場合、GW・お盆・年末年始などのハイシーズンは9時ちょうどにかけても混雑してつながりません。9時少し前からかけて9時までオペレーターさんと話をつなげておく方がいいでしょう。親切なオペレーターさんに電話がつながるも必要かもしれませんね。 

 

予約方法・手数料

予約は電話かANAウェブサイトから可能です。*電話番号は公式HPでご確認を

手数料は電話予約の場合のみ1人2160円(税込)、ANAウェブサイトからの予約は無料。

電話では音声ガイダンスにそって、ANAマイレージクラブお客様番号(10桁)とAMCパスワード(4桁)の入力が必要ですが、事前に「携帯電話番号でのお客様番号認証サービス」登録をしておくと番号とパスワード入力が不要になるので、ぜひ登録しておくことをお勧めします。

ハワイなどのハイシーズンの人気路線予約は、ネットも電話もかなり混雑して一瞬で空席待ちになります。手数料はかかっても電話予約の方が取れる可能性が高いようです。

 

変更 

予約済みの便の24時間前かつ搭乗希望便出発の24時間前までは、予約後の日時変更は何回でもでき、手数料は不要。
発券日より1年後までが特典航空券の有効期限になり、それまでに往路出発する必要があります。ただし、355日(特典開放日)より先の搭乗日への変更はできません。

例)2017年5月13日に2018年5月3日発の国際線特典航空券往復を発券した場合
  • 発券日の2017年5月13日から1年以内に往路出発する事
  • 出発から1年以内に帰国する事
つまり、往路変更可能な日は最長2018年5月12日まで、復路変更可能な日は最長2019年5月11日まで(出発が2018年5月12日の場合)。

 

変更の受付期限は、予約済みの便の24時間前かつ、搭乗希望便出発の24時間前までです。

電話で予約した人は電話でしか変更できません。
ANAウェブサイトから予約した人はウェブでも電話でも変更できますが、予約内容の一部変更をしたい場合は電話で変更する必要があります。
例)5人中1人キャンセル、5人中2人だけ日時変更など

 

注意点は、予約後のルート変更はできないこと。例えば、福岡→仁川→セブだったのを、福岡→台湾→セブにするような変更はできません。また、座席クラスの変更もできません。例えばビジネスからエコノミーに変える等。

 

キャンセル

国際線特典航空券がすべての区間で未使用の場合に限り、払戻手数料1名様につき3,000マイルで特典引き換えに使用したマイルは返却してくれます。未使用の税金・料金等も払い戻しされます。特殊な事情がある場合はキャンセルする前に、オペレーターさんに相談してみるといいかもしれません。

 

予約開始日までに準備しておくこと

必要マイル数とブラックアウトの確認 

目的地までの必要マイル数とマイル残高を確認すること。少しでも足りなければ予約できません。

ブラックアウトとは「路線によっては利用できない期間がある」ということです。

ANA特典航空券マイルチャート

目的地別に必要マイル数が異なります。

f:id:t-nanami:20170115160829j:plain

シーズン別にL(ロー)・R(レギュラー)・H(ハイ)とわかれており、必要マイル数が異なります。

座席クラス別にY(エコノミー)・C(ビジネス)・F(ファーストとわかれており、必要マイル数が異なります。一般的には、座席クラスが上がるごとにマイルの価値が高くなるのでお得感があります。(およそY:2~3円、C:4~5円/マイル)

f:id:t-nanami:20170115170507j:plain

公式サイトでもご確認ください。

概要│ANA国際線特典航空券│マイルを使う│ANAマイレージクラブ

 

提携航空会社特典航空券マイルチャート

ANAの提携航空会社を利用する際はこちらのチャートになります。 

f:id:t-nanami:20170115153845j:plain

Zone1-Aは直行便か日本国内での乗継しかない場合。Zone1-Bは国外での乗継がある場合に分かれています。

f:id:t-nanami:20170115154615j:plain

f:id:t-nanami:20170115153919j:plain

座席クラス別にY(エコノミー)・C(ビジネス)・F(ファーストとわかれており、必要マイル数が異なるのはANA便と同じですが、必要マイル数はシーズン毎に分かれていません。提携航空会社を利用する際はシーズン区別がないので、ハイシーズンに乗る方がマイルの価値はいちだんと高くなります。

私が予約したルートで説明してみます。

<グアム>往路:福岡→グアム、復路:グアム→名古屋→福岡。直行便と日本国内での乗継しかしていないのでZone-1A。必要マイル数はYクラスで1人20,000マイル

<セブ>往路:福岡→ソウル→セブ、復路:セブ→ソウル→福岡。国外(ソウル)乗継しているのでZONE1-B。必要マイル数はYクラスで1人23,000マイル

Zone 1-AとZone 1-Bを組み合わせて使うことはできないというルールがあるので、セブの例だと、往路:福岡→ソウル→セブ、復路:セブ→成田→福岡なんてルートはムリです。

結構細かなルールがあるので、行きたい都市や日時が決まったらどのようなルートがあるのかなど、ANAに電話で問い合わせるのが一番確実です。

公式サイトでもご確認ください。

概要│提携航空会社特典航空券│マイルを使う│ANAマイレージクラブ

 

特典航空券利用者登録 

特典航空券利用者登録も忘れずに行っておきます。家族など複数で発券する場合は必ず事前に登録を済ませておいた方が、すみやかに発券できます。

 

パスワードなどの確認 

予約時には、電話ではAMCパスワードを自動音声で求められますので、自分のAMCパスワードを再度確認しておくこと。AMCパスワードがわからない場合は#を押します。
ネットではログインするのでANAマイレージ番号とWebパスワードを確認しましょう。

 

決済するためのクレジットカード

予約発券する際にクレジットカードが必要です。最終画面で本人認証番号を入力するカードもありますので、その番号もしっかり確認を。
私はもしものためにクレジットカードは「ANAアメックス・ソラチカ(JCB)・ANA VISA Suica」の3枚用意して予約に臨みます。ANAアメックスでの決済では、カード番号・名義・有効期限・セキュリティーコードの入力をし、最終画面ではポイントを使うかどうかの画面が出ました。VISAではV-Passパスワードの入力が必要でした。

 

その他、大事な事

予約時にパスポートは必要ありませんが、期限は確認しておきましょう。 

 

国際線特典航空券の裏ワザ的取り方

もはや裏ワザでもなんでもなく、特典航空券を取る人全てがやっているだろう方法です。つまり知っておかないといけないことです。

国際線特典航空券は往復で予約しないといけませんね。国際線は国内線のように、復路は2週間先まで取れるというルールはありません。国際線は必ず355日が発売日です。

復路が予約開始となる日時まで待っていると、往路のチケットがすでになくなっているかもしれません。現地滞在時間が数時間しかないような無理がある日帰り日程でも、乗継時間が大丈夫で往復取れるルートなら、まずは往復同日予約を取ってしまいましょう。まずは往路の確保が大事です。

希望の復路予定日が予約開始日を迎える日に、一旦とった復路を変更します。繁盛期なら、ここも気合いが必要ですね。

復路変更の具体的方法とコツはコチラの記事で詳しく説明しています。

 

特典航空券をとるコツ

希望予約開始日の何日か前から、シュミレーションすることをオススメします。絶対このルートでハワイに行くんだっ!というこだわりがあればシュミレーションの必要はないかもしれませんが、「ビーチリゾートならどこでもイイよ」とかって場合だとシュミレーションをすることによってどの都市が取りやすいのか(旅行人数や経由地、時間など)検討がついてきます。

 

ANAの国際線特典航空券予約画面の日付は、355日前の0時にクリックできるようになります。ただし、ANA便が実際に予約できるのは朝9時からです。

 

しかし、正規の予約開始時間より早い0時の時点で予約できるルートが多少存在しますANA便は不可能ですが、福岡からだとアシアナ航空の便が夜中の0時から解放され、予約がとれるようになります。実は今年夏のセブの特典航空券も、このように夜中に一足早く5人分もスルッと取れました。予約開始数日前から夜中にシュミレーションしていてこんな発見があり、ラッキーでした。でも、これもみんな知ってる事なのかな?

私はANAの上級会員でもないし、同行者人数多いので、ハイシーズンのハワイやグアムは諦めてます・・・行けるとこ狙いです!ANA便にもこだわらない、提携航空会社でいいって人には夜中のシュミレーションはオススメですよ。ご自分の利用空港からのルートを片っ端から検索してみてくださいね!

 

また、ハイシーズンでなければ予約開始日時を過ぎていても、欲しい日程のチケットが空いている場合はよくあります。子供たちの夏休み、春休み・冬休みなどではない平日は狙い目ですね。

さらに、日程が近い場合も意外とチャンスなんですよ。予約していた人がキャンセルする場合もあるので。

  

いよいよ予約開始!

多くの人が希望するGWやお盆、年末年始などのハイシーズンは、行き先にもよりますが激戦となります。朝9時開始と同時に電話とネットの2つの手段でアクセスするのが良いでしょう。

 

国際線特典航空券の発券方法〜図解〜

ログインしてから、ANAマイレージクラブの項目の特典航空券→ANA国際線→特典航空券予約にすすみます。この時、提携航空会社を選んでも問題なくANA便も予約できます。

f:id:t-nanami:20170110165801p:plain

左側の往復だと、取れる便が限られてしまうので、すぐに空席なし表示されて予約できません。右側の複数都市・クラス混雑にしておくと、経由地などで選択肢が広がり、特典航空券が取れる可能性が高くなります。

f:id:t-nanami:20170110165820p:plain

f:id:t-nanami:20170110165834p:plain

今回はグアムで予約を取ります。複数都市・クラス混雑で単純往復的な福岡⇔グアムでも、経由地が、複数でてきて選び放題です。提携航空会社便は空席がなければ表示されません。ANA便は空席なくても空席待ちで表示がでます。

f:id:t-nanami:20170110165851p:plain

復路は直行便がなかったので、名古屋乗継です。次へを押すと、旅程確認になります。

f:id:t-nanami:20170110165904p:plain

取れた便の詳細と、必要マイル数、支払い金額が表示されます。間違えたり、再度やり直したい時は、下に表示されている最初からを押して戻れます。これで良ければ、次へ。

f:id:t-nanami:20170110165922p:plain

搭乗者を選びます。ログインした時のマイレージ会員には最初からチェックが入っています。特典利用者登録をしている人の誰が行くのかを選択し、チェックボックスにチェックを入れましょう。国籍も選びます。

f:id:t-nanami:20170110170037p:plain

その下の必要事項を入力して、次に進もうとすると、こんなドキッとする注意がでますが、よく確認したらOKで進みましょう。

f:id:t-nanami:20170110165956p:plain

次は、クレジットカード入力画面になりますので、決済したいカード情報を入力します。決定をするとカード決済に移りますが、本人認証確認がありますので、登録した暗証番号を思い出しておいてください。

スクリーンショットがなくてわかりにくいかもしれません。ここの画面で予約確定すると思うといつも緊張して、スクリーンショットを撮りそこなってしまいます。

 

予約番号も決まり、これで予約完了。特典航空券GETです!

f:id:t-nanami:20170110170338p:plain

ハイシーズンは、便の選択をしていても決済までにもたついてしまうと先を越されてしまい、予約が取れないことがあります。予定していた便が表示されないなど、イレギュラーが起きた時でも決断がすみやかにできるよう、事前に色々なルートパターンをシュミレーションしておくことをお勧めします。

 

予約完了後は?

ANAから予約完了のメールがきます。各自のEチケット印刷しておくと安心です。座席の指定もできるようになっていますので、早めに座席指定するのをお勧めします。

国際線の場合、1年も前にチケットを取ると予約した便の時間変更などが起こります。私は当初、予約と同時に座席指定をしていませんでした。後日、座席指定しようとログインしても座席指定ができなくなっていて、ANAに電話したところ「便の変更があった際に座席指定にロックがかかっていた」そうです。ウェブ上で座席指定ができないときは、ANAに電話をしてロック解除してもらいましょう。

国内線乗継がある場合、国内線は搭乗日の2ヶ月前の同日かしか、座席指定はできません。2ヶ月前の同日に座席指定をお忘れなく。

 

予約開始日前のシュミレーションの実際

これは全て「大人2人+子供2人の4人家族設定」ANAのスマホサイトでシュミレーションしています。検索日時は2017年1月13日になってすぐの夜中の0時台、本来2018年1月3日の予約が始まる朝9時の約9時間前です。

すでにこの日の朝から予約開始してる2018年1月2日分の「ANA便の福岡⇔シンガポール」は空席待ち、つまり予約は埋まっているという事。

f:id:t-nanami:20170118160300p:plain

成田⇔シンガポールはファーストクラスもあるんですね!一度乗ってみたい…

f:id:t-nanami:20170118160332p:plain

提携航空会社便は空席がなければ表示されませんし、空席待ちもできません。でもここではしっかり空席ありで表示されていますね。やはり皆さんANA便希望でしょうか?

f:id:t-nanami:20170118160403p:plain

2017年1月13日の0時をまわってすぐ。2018年1月3日の予約は朝9時からで、本来ならまだ始まってない時間帯ですが、アシアナ航空と中国国際航空公司運航はフライングで予約開始されています。これは福岡→シンガポールの往路。 

f:id:t-nanami:20170118160446p:plain

f:id:t-nanami:20170118160511p:plain

復路もあります。

f:id:t-nanami:20170118160721p:plain

東京⇔シンガポール往路もありますね。

f:id:t-nanami:20170118160752p:plain

復路もありました。

f:id:t-nanami:20170118160820p:plain

福岡からホノルルは…?

f:id:t-nanami:20170118160847p:plain

まだ、予約開始ではないという表示です。

f:id:t-nanami:20170118160912p:plain

ソウル発券でホノルルは…?往路はありました。

f:id:t-nanami:20170118160933p:plain

帰りの便がありません、乗継時間の関係かな?

f:id:t-nanami:20170118160952p:plain

福岡⇔サンフランシスコにもビジネスクラスで行けそうです。ただし、中国の航空会社ですが・・・

f:id:t-nanami:20170120152818p:plain

乗継が1時間しかないので現実的には無理ですが、復路も表示されました。本来、今の時間帯は1月2日までしか開放されていないはずなのに、6日の便まで抑えられますね。不思議です。

f:id:t-nanami:20170120152855p:plain

ただし、一度予約した時点で座席とルートは決定となりますので、よく考えて予約しないといけません。あとから日時変更する際、複雑なルートだと変更が難しくなるかもしれません。

 

まとめ

大量にマイルを持っていると、旅先の選択肢が広がります。検索するだけでも楽しいので、いろいろとシュミレーションしてみて、わからないことはANAマイレージデスクに電話で確認しましょう。

 

お得情報

大量にANAマイルを獲得する方法はコチラの記事にまとめています。

入会特典が良い時期にアメックスゴールドカードを発行して、空港ラウンジで快適に過ごせるプライオリティーパスを無料でいただいちゃいましょう!さらに、入会特典(ポイント)で海外旅行に行けてしまいます。これは見逃せない!

 

特典航空券を無事GETしたら、次はホテル。SPGアメックスを持つと、ホテルまで優遇されてプチ贅沢がお得にできますよ!