マイルで家族旅行☆福岡発の陸マイラー☆

お得に家族旅行するためにマイル貯金に励む主婦の奮闘記

香港&台湾キャセイパシフィック航空機内食を徹底調査~特典航空券で格安2泊3日香港旅行記⑤~


応援クリックありがとうございます

f:id:t-nanami:20170124135914j:plain

こんにちはnanamiです。香港旅行の帰国便は香港⇒台湾乗継⇒日本(福岡)。初めてのキャセイパシフィック航空、その機内食(エコノミー)をレポートします。

 

今回の旅行はアメックスゴールドで貯めたポイントをマイルに移行し、特典航空券で香港に来ました。入会特典で海外旅行ができるアメックスゴールドはその他にも特典満載。おすすめカードです。詳しくは以下の記事もご覧ください。

 

キャセイパシフィック航空初搭乗!香港から台湾への短時間飛行

旅も終り、いよいよ帰国の日。香港空港はとても広く、見て回っても楽しい施設でした。香港14:00発⇒台湾16:00着の短いフライトでも機内食は出ます。お昼ごはんは空港ラウンジでしっかり食べたのですが、庶民は機内食を食べないはずがありません!

f:id:t-nanami:20170124160609p:plain

 

エコノミー機内食

いつもの「チキンorフィッシュ?」ではなく、全員同じ紙袋が配られ、これらが入っていました。

 f:id:t-nanami:20170124113509j:plain

 

箱の中身はチキンパイ。あと、クッキーとレモンティージュース。短時間飛行なので軽食ですね。ラウンジでおなかいっぱいの夫もこれなら許容範囲内のようでした。お味はまぁまぁ。

f:id:t-nanami:20170124113238j:plain

 

特別食のフルーツプレート

私は日本出発前から「ラウンジでしっかり食べる」事を計画していたので、あえてフルーツプレートをオーダー。これは、大正解でした!

f:id:t-nanami:20161018133045j:plain

 

内容は、「ドラゴンフルーツ、メロン2種(オレンジ色、緑色)、スイカ、キウイ、グレープフルーツ」が各1切れずつと、標準食と同じクッキーとレモンティー。

食事に好き嫌いがある人や、空港ラウンジで食事ができるような人(各航空会社の上級会員やプライオリティーパスを持っている人)や、短距離路線に搭乗するような場合は機内食をフルーツプレートにしておくのもイイ手ではないかと思います。

 

台湾から日本(福岡)への短時間飛行

台湾の桃園空港で乗継をし、同じくキャセイパシフィック航空で台湾17:45発⇒福岡21:20着の飛行機に乗りました。飛行時間3時間35分のように見えますが、台湾と日本は時差が1時間あり、日本が1時間進んでいるので、実際の飛行時間は2時間35分です。乗り継ぎ時間1時間45分の間に、私たちはまたラウンジで食事をしました。なぜ2つの空港でラウンジご飯を食べたかというと、私はアメックスゴールドカードホルダーで、優待特典としてプライオリティーパスを発行してもらえ、年2回まで無料で利用できるのです。庶民なので、特典は使い倒してなんぼです!

f:id:t-nanami:20170124160920p:plain

 

エコノミー機内食

「親子丼」か「パスタ」といわれて、夫は親子丼をチョイス。案の定「そうきたか!」的な見た目。夫よ、行きの海鮮丼の裏切りを忘れたのか・・・?機内食では、日本人が想像する「丼」ではないのだ!仕方がないことなのだ、そろそろ理解しよう。

f:id:t-nanami:20170124134857j:plain 

中身チェックね~!(さま~リゾート風。あの番組大好き) 

野菜・・・無いに等しい。あえて言うなら親子丼の具の玉ねぎのみ
主菜・・・鶏肉と少量の卵。この親子丼、子供が少なかったね
主食・・・ごはん200g程度
デザート・・・果物(ドラゴンフルーツ2切れ、パイン1切れ)、パイナップルケーキ

まぁ、機内食で丼ものメニューを選べはこんな感じでしょう。欲を言えば、もう少し野菜を入れてくれた方が体に優しい。パイナップルケーキを器に入れずに野菜を入れてくれたらベストです。食事が600kcal程度、パイナップルケーキが少し小ぶりで150kcal、合計約750lcal程度と予想。

 

特別食の低カロリー食

f:id:t-nanami:20161018133854j:plain

これは・・・往路の福岡⇒香港機内食「糖尿病の方用のお食事」で見たような??ないのはアイスか・・そうだよね、「低カロリーメニュー」だからあったらおかしいよね。

糖尿病食は低カロリーのお食事でもあるので、調理法は蒸したり焼いたり、食材は脂の少ない鶏肉使ったりするので、確かに似たメニューになるでしょう。しかし、ここまでそっくりとは!香港ドラゴン航空とキャセイパシフィック航空は同系列なので仕方がないですね。 

では、再び中身チェック!

野菜・・・ズッキーニ、人参グラッセ
主菜・・・鶏胸身ボイル
主食・・・パスタ(塩コショウ炒め)
デザート・・・ドラゴンフルーツ3切れ、パイン1切れ、ブドウ2個

合計約480kcal程度と予想。フルーツが2皿ついて、両方にドラゴンフルーツが入っている。ずいぶんドラゴンフルーツ推しな感じなのだが、ヘルシーなのか??

 

おまけ:ドラゴンフルーツの栄養価は??

あまりなじみのないフルーツなので調べてみました。

f:id:t-nanami:20170124135332j:plain

ドラゴンフルーツは日本では沖縄、外国では東南アジアでよく栽培されている果物。普通、果物は「果糖」が主成分で甘みを感じるのに対し、ドラゴンフルーツの糖の主成分は「ブドウ糖」。ブドウ糖は甘味の感じ方が弱いので、たとえ糖度が高いドラゴンフルーツでも、ミカンやリンゴなど果糖が主成分の果物ほどの甘味は感じないそうです。確かにドラゴンフルーツ食べてみて、そんなに甘くもないし「ヘルシーなんだろうな」と感じました。でも、これって甘みを感じにくいだけであって糖分があればカロリーはあるよね? 

また、ナトリウムの排出を促すカリウムが多く含まれているので、高血圧予防に効果が期待できるってよく書いてあるけど、これはどのフルーツに対しても言える事です。

日本食品標準成分表で確認してみたところ、ドラゴンフルーツではなく「ピタヤ」で収載されていました。*食品100gあたりの成分表示

f:id:t-nanami:20161031154624p:plain

ドラゴンフルーツ(ピタヤ)をほかの一般的な果物と比較してみました。カロリーは特に高くもなく低くもなく。たんぱく質はちょっと多いですね。カリウムやマグネシウムは栄養価が高いと言われるバナナと同等。食物繊維は割と多い方に入りそうです。少し注意すべき点は、これは食品100gあたりの栄養量ですので、一食で摂取する栄養量とは異なりますよ。

 

結論としては、果物それぞれに異なる栄養素配分があるので、どれもまんべんなく、その時々の旬の果物をいただくのが一番体にとっては良さそうです。沖縄以外の日本ではあまりお目にかかれないドラゴンフルーツ(ピタヤ)なので、南国旅行した際にはぜひ食べてみてくださいね!

 

超お得な情報

今回の旅行は、アメックスゴールドカードの入会特典でもらったポイントをマイルに変えて実現しました。初年度年会費無料のカードで海外旅行までついてくるなんて、びっくりだと思いませんか?
一番お得に入会する方法はコチラにまとめていますので、ぜひご覧ください。皆さんも無料で海外旅行に行きませんか?

それ以外にもほぼ無料で航空券を獲得する方法があります。

我が家はこの方法で家族旅行を格安にしています。

今回の香港旅行記事

福岡空港&香港ドラゴン航空機内食&香港国際空港レポート

香港の手ごろなお値段立地よし【スタンフォードホテル】

たった1日でもココさえ押さえればOK?!香港4つの観光スポット

アメックスゴールド特典で香港&台湾プラザプレミアムラウンジを利用

香港&台湾キャセイパシフィック航空機内食を徹底調査

マイルを貯めて特典航空券を発券したら海外旅行も格安で行ける