マイルで家族旅行☆福岡発の陸マイラー☆

お得に家族旅行するためにマイル貯金に励む主婦の奮闘記

ANAマイルを貯めるのに必須!【ソラチカカード】とは?お得な発行方法とは?


応援クリックありがとうございます

f:id:t-nanami:20161002141903j:plain

ANAマイルを大量に獲得するための方法を、家族旅行を目的とする主婦目線でお伝えします。ANAマイルを大量獲得するには、あるカードが絶対必要。それは・・・

 

 

最重要①の記事で、大量にマイルをためるとお得に家族旅行にいけるということをお伝えしました。 


ポイントは、このルート(通称ソラチカルート)でしたね!

スタート地点の ポイントサイトについて知ることも重要ですが、飛行機に乗らずに陸でマイルを貯めるにはメトロポイントを貯める仕組みがないとどうしようもありません。

まずは、↓メトロポイント↓から解説します。

f:id:t-nanami:20161002143753j:plain

 

メトロポイントって何?どうやって貯めるの?

 

最終的にANAマイルを貯めるには、ひとつ前のメトロポイントが必要です。ポイントサイトで貯めたポイントを中継サイトに移し、メトロポイントに移す際に「ANA To Me Pasmo JCB(通称ソラチカカード)」というクレジットカードが必ず必要です。

ソラチカカードがメトロポイントとANAマイルの橋渡しの役目をしています。

 

f:id:t-nanami:20161002141903j:plain  f:id:t-nanami:20161002141759j:plain

 

おなじみのTポイントや楽天スーパーポイントもANAマイルに交換可能ですが、その交換率は50%。2万円分のポイントが1万マイル・・・少し損した気分になりますね。


それに対し、ソラチカカードのANAマイルへの交換率は、なんと90%!!2万円分のポイントが18,000マイルになります。これは驚異的な交換率です。

 

たとえば、東京⇔福岡間の特典航空券必要マイル数は15,000ANAマイル(レギュラーシーズン)。ソラチカカード交換率90%なので15,000ANAマイル貯めるには16,700メトロポイントが必要ですね。

 

メトロポイントは1P=1円の価値がありますので、15,000マイル=16,700円ということになります。(本当はほぼ無料に近い値段でメトロポイントを貯める事も出来ますが、それは後ほどポイントサイトのところで説明します)

 

東京⇔福岡のANA航空券はいくらでしょうか?時期や運賃形態も色々ありますので一概には言えませんが、安くても30,980円~です。

 

東京⇔福岡のANA航空券約30,980円=特典航空券15,000マイル=16700円(メトロポイント換算)で手に入ることになります。単純に考えると、30,980円の価値があるものを16,700円で手に入れたと同じことになりますね。

 

このように比較するとマイル利用がいかにお得か分かります。ソラチカカードの交換率が90%だからこそできることなのです。

 

これがソラチカカードの破壊力です。ソラチカカードなくしては、このポイントマジックはあり得ないのです。ソラチカカードをクレジット決済に使わなくてもいいです。持ってることが最重要!ソラチカカードがないと「マイル大量獲得計画」は進みません。

 

「ANA To Me Pasmo JCB(通称ソラチカカード)」を発行しよう

 

重要なのは、旦那さんや家族と自分の分を別々に発行する事。家族カードでは絶対ダメ!夫婦が家族カードであれば、それぞれのメトロポイントは合算されて毎月18,000マイルしかANAマイルに移行できないのです。ソラチカカードはANAマイルへの移行上限が毎月20,000メトロポイントつまり、18,000ANAマイルまでと決まっています。

 

家族みんなで旅行に行くためには大量のマイルが必要ですよね?2人で一緒に貯めたほうが、早くたくさん貯まるに決まっています。しかも、ANAマイルは同居家族で合算して特典航空券に使うことができます。

 

旦那さんのみのカード 18,000マイル×12ヵ月=216,000マイル
夫婦2人のカード     18,000マイル×2人分×12ヵ月=432,000マイル

 

うちは同居のお姑さんのソラチカカードも作りました♡だから3馬力!!
同居ばんざーい!!みなさんも親と同居、始めてみませんか?(って、違うか・・・)

 

クレジットカードはポイントサイトで発行するのが鉄則ですが、このソラチカカードはポイントサイトには登場しません。
ANA公式HPで「マイ友プログラム」という紹介制度があります。そのプログラムに登録しているANAクレジットカード保有者からの紹介で発行すると、申込者も紹介者も500マイルがもらえます。
私から紹介することも可能ですので、紹介希望の方は>>コチラ<<からお問い合わせください。紹介者番号など、必要事項をお送りします。

*お名前はニックネーム可。件名にはソラチカカード希望と記載し、メールアドレスをお間違えないようにお願いします。

事前にマイ友プログラムにエントリーした後、カード申込してください。順番が逆だと、せっかくのマイルプレゼントが適用されませんので、ご注意を。 

 

JCBの入会キャンペーンもクリアすると、より多くのマイルがたまりますよ。

www.ana.co.jp 

 

ソラチカカードの詳細、申し込み時の注意点

ソラチカカードでたまるポイントは2種類あります。

 

①JCBクレジット決済でたまるOkiDkiポイント
 1000円の決済でOkiDkiポイントが1ポイントたまる
 有効期限:獲得月から24か月

②東京メトロ乗車でたまるメトロポイント
 陸マイラーが貯めるポイントはこのメトロポイントです。
 東京メトロに乗らなくてもいいんです!
 ポイントサイトで貯めたポイントはこのメトロポイントに移行します。

クレジットカード申し込みの際に、OkiDkiポイント移行方法について選択しなければなりません。結論を先に言うと、ひとまずマルチポイント5マイルコースを選んでください。コースは後からでも変更可能です。わたしもそのコースにしています。

f:id:t-nanami:20161007142238p:plain

マルチポイントコースは、ためたOkiDkiポイントを自分の好きな時に商品やマイルに移行できるコース。マイル自動移行コースは、ためたOkiDkiポイントを自動的にANAマイルに移行するコース。そしてそれぞれに、無料で1OkiDkiポイントを5ANAマイルに移行できるコースと、マイル移行料(5000円税別)を払って1OkiDkiポイントを10ANAマイルに交換できるコースがあります。

 

さらに、OkiDkiポイントは通常ポイントボーナスポイントがあります。通常ポイントは5マイルもしくは10マイルで移行可能ですが、ボーナスポイントは3マイルでしか移行できません。ちょっとケチですよね(笑)ボーナスポイントも1P=3マイル以上に価値を上げるルートが存在しますのでご安心を。それについては別記事でお伝えします。

 

また、メトロポイントPlusというサービスには必ず入っておいてください。ポイントサイトで貯めたポイントをソラチカカードに移行し、ANAマイルに変える際にはそのサービスを利用していますので。

f:id:t-nanami:20161007143431p:plain

 

2012年にソラチカカードがうまれたそうですが、私が知ったのは2015年末です。もっと早くに知っておけば今頃は・・・(涙)といっても始まらないので、まだもっていない人は早速申し込みましょう!

 

陸マイラーは制度改悪との闘いです。ユナイテッド航空のマイルを貯めている時も制度変更に振り回され、陸で貯めるマイルの価値が上がったり下がったりしました。

はっきり言って今の陸で貯めるANAマイルはバブル時代です。この奇跡の交換率90%はそう長く続かないのではないかと、個人的には思っています。

 

お得に旅行に行きたいと思っている皆さん!

チャンスは今です!!

大切な人と一緒に、素敵な思い出を作りましょう!

 

f:id:t-nanami:20160930001223j:plain

 

ソラチカカード発行手続き中にさっそく次のステップ「ポイントサイト」を攻略しましょう!ポイントサイトについて説明している以下の記事をご覧ください。

 

 <最重要記事>

 

私もソラチカルートのおかげで大量にマイルがたまるようになりました。

 

ソラチカのおかげで旅行にもどんどん行けています。