マイルで家族旅行☆福岡発の陸マイラー☆

お得に家族旅行するためにマイル貯金に励む主婦の奮闘記

特典航空券でお得に家族旅行しよう~マイルを貯める意義と驚きの仕組み~


応援クリックありがとうございます

f:id:t-nanami:20161204224444p:plain

皆さんはどのような旅行が好きですか?私は、飛行機に乗ってどこか遠くに行くタイプの旅行が好きです。とくに南国リゾートなんかは最高ですね!飛行機に乗るとなんとなく特別感を感じます。とくに国際線では、CAさんに英語で話しかけられたり食事がでたりと非日常感たっぷり。子供や両親を連れて旅行にたくさん行こうと思っています。そこで、私がやっている「お得に家族旅行に行く方法」を大公開。

 

 

旅行に行く際に何が必要か。ズバリ、時間とお金です。時間は頑張って確保してくださいね。ここではお金の問題を考えていきましょう。

 

旅行にはどれくらいのお金がかかるのか?

人数・旅行時期・旅行日数・宿泊ホテルグレード・利用する旅行会社など、価格を左右する要因はさまざま。下の表は「エクスぺディア調べ」なので個人旅行の金額ですが、ツアーならばもっと料金は高くなります。1人分だと許容できる金額でも、家族4人となると相当な金額になりますね。

 

  年末年始 2月 5月(GW)
福岡発北海道 31万~ 10万~  
福岡発沖縄 20万~ 17万~  
福岡発グアム 55万~ 28万~ 36万~
福岡発ハワイ 85万~ 33万~ 43万~
*エクスぺディア調べ(家族4人、子供は添い寝)

 

ローシーズン(旅先がベストシーズンではない時期や平日)に旅行できる方は、個人手配よりツアーのほうが安い場合もある上、「旅行手配が簡単」「何かトラブルあった場合には頼るところがある安心感」という点ではツアーの方がお得かもしれません。

 

nanami家は基本的に年末年始・GW・お盆のハイシーズンしか長期休暇がとれません。ですから、毎年近場の温泉旅行には行けても、遠くの国内旅行はちょっと厳しいです。海外旅行は数年計画で資金を集め、数年に1回行けたらいいな?我が家のようにハイシーズンにしか旅行できない人は、ツアーで申し込むよりも「航空券+ホテル」で個人手配するほうが、同じグレードの旅行はかなり安く済むことが多いです。

 

航空券は、ANAやJALのようなキャリアと呼ばれる航空会社の航空券や、ジェットスターやピーチのようにLCC(ローコストキャリア)の航空券もあり、値段も席も大きく違います。

ですが、格安で家族旅行をするためには「特典航空券」を利用するのがポイント。特典航空券とは、無料で飛行機に乗れるチケットのことです。飛行機代がタダ同然であれば、宿泊・滞在費だけ用意したらいいですね。かなり旅行費用を抑える事が出来ます(子供が添い寝可能な年齢だとホテル代がぐっと安くなります)。

特典航空券を手に入れるには、「マイル」をたくさん持っている必要があります。マイルとは各航空会社のポイントのようなものです。

ハイシーズンでも特典航空券を使えば、旅費はかなり安くなります。

 

ANA特典航空券を獲得するには何マイル必要?

<国内特典航空券> 

自分の利用空港から目的地までが何マイル区間なのかで、必要マイル数が変わります。また、旅行時期によっても変わります。

f:id:t-nanami:20161007133303p:plain

*ローシーズン(L)レギュラーシーズン(R)ハイシーズン(H)
*国内線は特典航空券ではエコノミークラスのみ予約できます。
詳細はこちらで☞ANA国内線シーズン・必要マイルチャート

 

福岡から家族4人で旅行する(レギュラーシーズン)なら何マイルがあればいいのか見てみましょう。大阪は4万8千マイル、東京6万マイル、石垣10万8千マイル、札幌7万2千マイル・・・家族旅行となると、結構なマイル数が必要ですね。

 

<国際特典航空券>

国際線の場合は、行きたい国の地域によってゾーン分類されています。グアム・サイパンはZone2に入ります。

f:id:t-nanami:20161005143808p:plain

 

Zoneと座席クラスによって必要マイル数がかわります。
*エコノミー(Y)ビジネス(C)ファースト(F)。シーズンは国内線と同様。

f:id:t-nanami:20161005143900p:plain

f:id:t-nanami:20161005143913p:plainANA便では国内の出発地はどこからでも上記のマイル数(羽田からの出発でも、福岡から羽田乗継の出発でも同じマイル数)ですが、提携航空会社便では出発地により多少異なるので注意が必要です。

詳細はこちらで確認を☞ ANA国際線特典航空券概要

また、行先によっては特典航空券が利用できない時期(ブラックアウト)がありますので注意が必要です。詳細はコチラ

 

家族4人で旅行する(レギュラーシーズン・エコノミー)なら何マイルがあればいいのか見てみましょう。グアムは8万マイル、ハワイ16万マイル、シンガポール14万マイル、シドニー18万マイル・・・家族旅行となると、かなり大量のマイル数が必要ですね。

でも大丈夫!マイルを大量に手に入れる方法があります!
それは後で解説します。

 

コツコツ貯金VSマイル貯金

家族旅行に行くための資金を貯める方法について考えてみましょう。

<コツコツ貯金>

旅行費用を捻出するには、大半の人は計画を立てて貯金しますよね?旅行会社の積立を利用する人もいるかもしれません。かつて私もJTBで積立をしていました。
毎月1万円×12か月×2年=24万円・・・2年に1回沖縄などの国内旅行
毎月1万円×12か月×5年=60万円・・・5年に1回グアムかアジア方面海外旅行

毎年飛行機に乗って旅行に行くなら、毎月2万円くらいは貯金しないといけませんね。一般的な家庭では、旅行費用に毎月2万円は予算オーバーだと思います。

 

 <マイル貯金>

特典航空券で旅行できたらどうでしょうか?飛行機代はかかりません。宿泊費だけを貯めたらいいですね。ホテルのグレードで宿泊費用は変わりますが、飛行機代が無料というだけでも、ハイシーズンだとツアーの半額以下にはなります。

では、「マイル貯金する方法」を考えてみましょう。

 

①飛行機に乗ってフライトマイルを貯める

では、福岡からどこまで飛行機に乗ると何マイル貯まるかを調べてみました。
大阪(287マイル)沖縄(537マイル)東京(567マイル)札幌(882マイル)*マイル付与率100%

福岡⇔東京を10往復してもやっと11,340マイル(福岡⇔大阪1人分ローシーズン10,000マイル)しかたまりません。出張族でもないかぎり、飛行機に乗ってマイルを大量に獲得するのは無理です。

②クレジットカード決済で貯めたポイントをマイルに変える

たとえばANAお勧めのANA一般カード。1,000円の決済で5~10マイルがたまります。カード入会キャンペーンで10,000マイル程度貰えることもありますね。
年間200万円決済すると1万~2万マイルたまりますが、やっと1人国内往復レベル。さて皆さんは、保険料や買い物などでどれくらいの金額を決済していますか?マイルを貯めるために莫大な支出をするのは本末転倒ですよね?
クレジットカード決済で大量マイルを貯めるのは一般的な家庭では無理です。

 「突然彼女が泣き出して困り果てた彼突然彼女が泣き出して困り果てた彼」[モデル:たけべともこ 大川竜弥]のフリー写真素材

 

大量マイルを貯めるための方法~ソラチカルート~

出張族じゃなくても、カードで大金を利用するお金持ちでなくても、全然あきらめなくて大丈夫!マイルは陸(おか)で貯めましょう。飛行機に乗らずにマイルを貯めている人たちのことを陸マイラーと呼びます。名前の由来はサーフィンをしないファッションだけの人を陸サーファーと呼ぶことからきていて、飛行機に乗らずにマイルを貯める人たちのことを陸マイラーと呼ぶようになったそうです。

 

大量にマイルを貯めるための必殺技がコレ!陸マイラーで今1番主流の方法です。この方法ではANAマイル貯められます。JALではありません。この方法のことを陸マイラーは「ソラチカルート」と呼んでいます。

f:id:t-nanami:20161002143753j:plain

ポイントサイトでためた2万円が、ポイント中継サイトやメトロポイントを経由し、最終的に18,000ANAマイルに変わります。

20,000メトロポイント=18,000ANAマイル。毎月貯まります
18,000マイル×12ヵ月=216,000マイル。1人で毎年貯まります
216,000マイル×夫婦2人=432,000マイル。夫婦で毎年貯まります

 

はじめて知った人は頭に??がたくさん浮かんだでしょう。順を追って理解した方がいいので、ポイントサイトとは何なのか?や、ポイントサイトでのポイントの貯め方、マイルへの交換の方法は別記事で詳しく説明します。

 

本当にその方法でマイルが貯まるの?

私は2015年末から準備を始め、2016年1月からこの方法でANAマイルを貯め始めました。実際に見てもらった方が信じてもらえるでしょうから、私が9月までの9カ月で獲得したマイルを公開します。 

f:id:t-nanami:20161006015824j:plain

赤で囲った「108,980マイル」を保有していまが、実は来年の国際線特典航空券5人分をすでに発券しているので、その分の115,000マイルは減算されています。

f:id:t-nanami:20161005141957p:plain

減算分を合わせると9カ月で貯まったマイルはなんと22万3980マイル!もしこれをクレジットカード決済で貯めようとする場合は1000円で10マイル貯まるカードでも、2千239万8千円使わなければ貯まらない計算になります。そんなの無理です。

 

マイルの価値はどれくらい?

ちなみに特典航空券は、アシアナ航空利用で福岡⇔ソウル乗継⇔セブ
1人当たり23,000マイル、家族5人で115,000マイル必要。
同じ便をアシアナ航空のHPで検索すると1人当たり56,310円、家族5人で281,550円。1マイルがいくら分に相当するのかマイル単価を計算します。1マイル≒2.44円

もし、エコノミーではなくビジネスで取った場合はどうでしょうか?
必要マイル数は43,000×5人分=215,000マイル。
実費金額は193,310円×5人分=966,550円!マイル単価は1マイル≒4.49円
えっ?ビジネスで取った方がマイルの価値が上がってる?

 

そうなんです!マイルのすごいところは、贅沢すればするほど価値を高められる事なんです。でも我が家は庶民なので、マイルもケチってエコノミーでいいから旅行回数を増やしたいタイプ(笑)

 

2016年1月から半年ほどで20万マイル以上貯まり、家族で海外旅行のチケットをGETできました!
今のシステムがこのまま続く限り、我が家は毎年40万マイル以上(最大60万マイル程度)貯まる予定です。ごく平均的な家庭が毎年海外旅行に行けるなんて、夢のようでしょ?!

その後さらにマイルが増えて、ダナン(ベトナム)7人分、バリ(4人分)の特典航空券も確保していますよ。

 

 いかがでしょうか?
この方法を使えば、家族で国内はもちろん海外旅行にも毎年行けますね!
飛行機に乗って家族旅行にいくために、マイルを大量に獲得することがいかにお得かわかっていただけたかと思います。

 

さぁ!あとはこのルートを理解して実践していくだけです!

f:id:t-nanami:20161002143753j:plain

 

大量にマイルを貯めて家族旅行しよう!と思った方は、次のステップに進みましょう。次は上の図の「メトロポイント」を生み出すのに重要な「ソラチカカード」について、下の記事で詳しく説明します。

 

 大量マイルを貯める方法を順序立てて理解するにはこの記事をご覧ください。

 

旅行記はこちらに複数記事があります。